女性の快感に迫るブログ 女性用性感マッサージ、中イキ、SM、拘束、ラブグッズetc.

オーガズム・ラボ

中イキ 女性のオーガズム

忘れた中イキの感覚を取り戻したい あやな25歳

投稿日:

異性との交わりで得た身体がふわりと浮くような不思議な感覚。その一瞬にもう一度触れたくて何度も考えを巡らせるけど、再現できずにむしろ少しずつ遠ざかっていくよう。
微かに記憶に残る快感をもう一度・・・!

 

今回はそんな風に薄れてしまった感覚を取り戻そうとする女性とのお話です。

 

あやなさんの応募動機

あやなさんの体験応募メッセージは画像の通り。

ayana_application

文字に起こすと以下の通りです。

 

中イキというのが人生で一度しかなく、どうやって成功したのかわからないままもう感覚も忘れてしまい応募しました。東京でも同じようにブログを通じてこういうお手伝い?をしてくださる方いらっしゃいましたが、距離があり都合が合わずもし都合があえば初めてです。自分がどういうのが好きとか、なにが感じやすいとかそういうのもわかりません。とりあえずM気質なのは理解してます。

 

中イキしたのは普通のエッチの時で、体位の問題かなと思って何度か試みたけど再現できることは無かったのだとか。
そして、どうやって「成功」したのか分からなくなってしまったと。

 

また、興奮のツボとか、好みとか、そういったものはまだあまりはっきりと意識していないみたいですね。

快感を阻害する要因が何なのかよく分かりませんが、何か身体的な変化を伴うような経験がないのであれば、簡単か難しいかは別として、きっと再現できるはずですよ。

 

そしてそれは状況の再現ではなくて、「貴女が何を好きか」を探すことに他ならない。
なんとなーく、そんな風に思っていました。

 

ちなみに今回の応募は思い立ってすぐにしてくれたみたいで、自分の性格上もし「予定が合わないのでまた次回応募してください」と言われたら、きっと再応募はしなかったんじゃないかとのことでした。

ですから今回お会いできたのは本当に良い偶然だったのですね。

 

多分そういう風にお考えの方はたくさんいると思います。
都合が合わない以上仕方がない事ですが、申し訳ないなと思っています。

 

経験や希望などについては・・・

 

おもちゃの経験もまったくないわけではないですがほぼなし、していただけるなら全般的になんでもお願いしたいです。
NGはなく、むしろ無理やりでもやってほしいです

 

「無理やりにでも」って表現はドキッとしますね。
同時に会う前からそう伝えてしまう危うさも感じますけども。

 

もちろん私としては正直色々しても許してくれる女の子は大好きなのですが(笑)

自分を大事にしない人に惹かれる理由

体験当日、彼女と待ち合わせて移動しながら「帽子が似合って羨ましいな~」とか、そんなことを考えていました。
部屋に入ってからも彼女は冷静な感じで、私の方が緊張していたんじゃないかな(笑)

冷静というか、彼女は考える時にじっと黙り込むタイプみたいで、それがクールさを醸し出していたのかもしれませんけど。

 

雑談をはさんで当日の流れを説明していました。
彼女からは異性と出会うきっかけなど、イマドキ女子の恋愛事情的な話を少しだけ聞いたりしていました。

 

彼女は男性から経験人数が多そうだねみたいに決めつけて言われることがしばしばあり、それが大変不服なのだと言っていました。
まぁそれは男が「ヘラってる」だけなのであまり気にしなくても良いでしょう。

多分だけど見た目が可愛い系で中身がクール系みたいな女性はそういうこと良く言われるんじゃないですかね。

 

また、彼女は頭では分かっているのに、つい自分を大切にしないであろう男性を選んでしまうことを不思議に思っていました。

そのへんのことを知りたければ「恋愛工学」とかで検索してみると色々出てきて面白いかもしれませんよと紹介しておきました。
あまり女性受けするトピックではないかもしれませんが、自衛のために知っておくのは悪くないと思います。

 

ちなみに私自身はそういった理屈については納得は出来るけど、ぶっちゃけ嫌いだし実践するのは到底無理です(笑)

両脚の性感マッサージ

ayana_back oil massaged

今回もリラックス誘導をして女性の緊張をほぐしてから性感マッサージをしていきました。

前回の記事の末尾に書きましたが、まだ記事にはしていないものの、体験を通じて自分なりに乗り越えなければいけない課題が出来て、そのためにリラックス誘導等の方法を少し変えることになりました。

 

あやなさんが実際に体験してみた感想としては、始める前に少しだけ感じていた緊張が全くなくなったそうですが、全くなくなるととても眠くなっちゃうので再考の余地ありですね(笑)

 

緊張が軽減されたタイミングで性感マッサージ。

足先から脚の付け根へとじわじわと手を進めて、身体を温めつつ時折いやらしいタッチで触れていきました。

片方の脚ともう片方の脚では触り方に変化をつけていたので、「この次はこういう風に触られる」という予想と、プラスアルファで少しゾクッとするような刺激を感じられたのではないでしょうか。

 

膝裏や内腿など小さい気持ち良さとくすぐったさを同時に感じるような箇所に触れると、ちょっとずつお尻を突き上げるように体を縮めていく様子がいやらしかったです。

そんな風に脚に触れている時から既に意地悪したくなるような反応を示してくれていて、楽しくなってしまいました。

 

背中を執拗に触られて感じる

脚の性感マッサージでとても良い反応があったので、今度はその延長線上である腰や背中の辺り、お尻と内腿の間を集中的にしつこく触ってみました。

モジモジしてお尻が動くのが可愛いですね。
ずっといじめていたい欲が刺激されます。

 

背中を何度も軽く引っ掻くように指で愛撫すると、最初は指が触れ始める度にピクンと反応していましたが、次第に1つのストロークに対して感じる時間が長くなって、指が背中に触れている間ずっと感じているように変わってきているのがお分かりになるでしょうか。

 

こういう風にじっくりと触れられている時の気持ち良さを実感出来れば、ただ背中を撫でられるだけでも相当な快感に浸れるようになると思います。
そしてその時に得られるゾクゾクした気持ち良さすら絶頂感を得るために十分な大きさの快感だと気づくことが出来ればもっと・・・。

 

少しだけ手を止めて耳元で話しかけたら、普通に話しているだけなのに喘いでしまいました。
耳も敏感になってたんですね。
というか最初から耳が弱かったのかな。

 

ちなみに背中もかなりイイ感じ方をしてくれていましたが、その後足の指の間に触れた時も相当な気持ち良さがあったみたいです。

同じ足先でも親指と人差し指の間よりも中指と薬指の間の方が気持ちよさそうだったり、色々違いがあるのが面白いですね。

ほんの少し触れただけでしたが、膝を曲げて内股気味にモジモジする様がとても官能的でした。

 

膣内の感度が上昇して、それに伴って全身の感度も上がれば足の指だけでももっと気持ち良くなれると思います。
ちょっとしつこく足の指を責めてみようかなって気持ちもあったのですが、それはまたの機会にでも、ね。

 

始める前に冷え性だと言っていましたが、全身がとても熱くなっていました。
感じてきて火照った状態の女性も好きです。

上半身の性感マッサージ

ayana_breast massaged

お腹、腰、わき腹をくすぐるように撫でると、小さく声を漏らして体を上下させてしまいます。
身体の表面の感度がすごく高まっていたようですね。

 

普段はあまり重点的にしないのですが、腕のあたりも軽くマッサージ・・・というかちょっといやらしい手つきで触ってみました。
何故そうしたかと言われると難しいのですが、何だかそのあたりも触れてみると気持ちよさそうにしてくれるんじゃないかな~と思ったので。

 

それから胸のマッサージに入る前に、彼女の髪の毛の先にオイルがついてしまわないように肩にかかった髪をそーっと手でよけると、ビクッと震えながら小さく「ん・・・」と声を上げていました。
あやなさん、それは感じさせようとして触れているわけじゃないです(笑)

 

乳頭には触れずゆっくりと薬指で乳輪をなぞった後で、指の腹で微かに擦るように触れると、「~」と小さく声を上げては腰を小刻みに動かしてまたモジモジしていました。
彼女は本当に苛めたくなっちゃう反応が多いですね。

感じると膣内が膨らむ

なおさんの記事で既に書きましたが、筋力があっても筋肉のバランスや身体の使い方によっては快感の感じやすさとは結び付きにくいこともあると思います。

 

例えば体の前面の筋肉が強く、前側の筋肉を重点的に使ってしまう場合。
腹直筋がとてもはっきりと盛り上がり、それに伴ってお腹側に天井が釣りあげられるみたいになり、膣内の空間が広がってしまうのです。
あやなさんにもそういった傾向がありました。

 

このような状態だと膣壁は男性の指から逃げるように広がってしまいます。
その結果膣内に空気が入って潤いが無くなりやすくなったり、男性側が指で膣壁とコンタクトすることに拘って爪先が当たりそうになったりして痛みを感じさせてしまうこともあるでしょう。

 

そうなるとGスポットなどの膣壁のお腹側を刺激するのではなく、どちらかというと広がって行かない奥・下側(お尻側)を刺激して感度を高めていくことが効果的だと考えられますが、その場合に気持ち良くなれるかどうかは女性の心理状態により大きく左右されるという問題もあると感じています。

 

ことカップル同士のセックスにおいては、男性側はそのようなことを少しだけ考えて、感じるところを探して行けると理想的なのかなって思います。
本当に理想的なのは「どこを触る」とかではなく全体で気持ち良くなれるような流れに持って行くことだと思いますが、それはそれでまた難しいのも事実ですね。

 

もしくは、女性側が少し体の使い方を意識して、身体の内側に「引く」ような筋肉の使い方、膣を軽く締めつけるような動きを取り入れていくことで膣壁と指などが密着してよりはっきりと快感を意識できるようになると思います。

 

大体相手の状態が分かるようなパートナー同士であれば、女性にこういった特徴がある場合はあまり手指で感じさせることに拘らず、女性側の準備が整っているなら挿入してゆっくりと刺激していく方が良いかもしれませんね。

そしてなるべく距離を作らない形で挿入すると、挿入部にも密着感があり、潤いが引いてしまわない状態で膣内が刺激されるので、エッチしながら少しずつ高まっていくことが出来ると思います。

 

従ってご自分にこのような傾向があると感じる女性は、もしもエッチ自体が苦手ではないのでしたら指や道具でイクことだけに拘らず、相手と密着した体位でのセックスが出来るようになれば良いと思います。

痛みや挿入が難しいといった問題があればまた何かしらの解決方法を考えなければいけないと思いますけどね。

指責めで意識が遠のく

ayana_vaginal orgasm

上述のように彼女の膣の動きは少し特徴的なところがありましたが、膣壁のお尻側の部分を重点的に刺激してみると、反応して膣を締めつけるような動きがありました。

彼女としてはお腹側の膣壁以外を触られるのはあまり経験が無かったようですが、それでも違和感や痛みなどではなく、気持ち良さを感じ取れていたそうです。
かなり突発的にビクンと身体を動かしてしまうので、ちょっと恐々でしたが。

 

ちなみに時折お腹に手を添えているのは振動を伝えるためではなく、無意識的にお腹(の筋肉)を突き上げてしまっていることに気づいてもらうために添えていました。
同じポーズでもその時々で意図は違うのですが、何も言わずに相手にそれが伝わるかどうかはまた別の話ですね。

 

指で刺激を続けていると、数回膣をギュッと締め付け、それが解けるとともに軽く体を震わせるような反応を見せてくれていました。
大人しめの反応ではありますが、それでも良い感じだと思っていましたし、次第にお腹を膨らませてしまうような体の癖が出にくくなって、代わりに腰をカクカクと動かすような変化も見られました。

 

そして身体を弓なりに反らしている姿がとても魅力的でした。
時折肩や首、耳元などを撫でるとビクンッと跳ねるようにして喘いでいました。


そのまま膣内の刺激を繰り返していると彼女は身体を少し反った状態で小刻みにピクッと震えてしばらく静止してしまい、それから反応、というか意識が途絶えたようでした。

 

見た目には激しい快感や痛みで失神したとか、到底そういう風には見えませんでしたが、意識を失っているように見えました。

迷走神経反射などの症状かと思って心配したのですが、声を掛けて大丈夫か確認してもどことなくトロンとしてはいるけど体の不調はないようでした。
水分補給をして落ち着いてもらいましたが、時間を置いてみても特に問題は無いようでした。

 

呼吸の乱れなどがあるわけでもなく、かなり穏やかに意識が薄れていったみたいでした。

私の視点では失神というよりかはどちらかというと所謂「縄酔い」のようにMっ気のある人が雰囲気に陶酔して意識がぼんやりしてしまうような、そんな感覚に近かったように感じました。

 

ただ後ほど彼女に確認してみると、意識が飛んでいたというよりは眠っていたような感覚だったそうです。
より厳密に言えば私が声を掛けたタイミングで目が覚めたように感じたので、「あれ・・・?じゃあ今までは眠っていたのかな?」と思ったそうです。

 

しかしながら、当然普通に眠れるような状況だったわけでもなく、やはり少しの間気を失っていたのだと思います。
夢游状態とも言えるのかもしれませんけどね。
こうなる時とならない時の違いは一応理解しているつもりですが、相手の反応からそれを予測することがまだまだ下手みたいです。

 

無理をさせたつもりはありませんでしたが、反省しています。
私の中では怖い話の部類かな。
ちょっと書くかどうか迷いました。

そんなこともあってか膣内に指で触れている間は覚えているけどぼんやりしているような、不思議な感覚だったのかもしれません。

M=全て受け入れる事ではない

ayana_box tie1

ところで、実は私が彼女と過ごしている間に一番困っていたのは、彼女の感じる「良い」「悪い」を読み取るのが難しくて、かなり終盤になるまで受け入れられているのかどうかよく分からなかったことです。

反応が無いわけではなくて、むしろ距離が近くなると一層声を上げてくれたりしていたのだけど、緊張とはまた別の大人しさも感じていました。

 

なぜそのように感じたかは後から彼女の話を聞いて何となく分かったのですが、彼女にはあまり(もちろん相手にもよるけど)拒否するという選択肢が頭に浮かばないみたいで、大抵の場合相手の振る舞いをつい受け入れてしまうそうなのです。

 

だから多分私も相手から受け入れられているとかそうでないとかという空気を感じにくかったのかもしれません。
何だか「受け入れる」よりもただ単純に「受ける」に近い雰囲気を感じていたのかもしれません。

 

彼女の場合は自分がM気質だと思っているというのも、いじめられたり責められたりするのが好きというだけではなく、多分自分が相手を立てて受け入れるということをしてきた結果、自分でそう思うようになったのではないかなと感じています。

 

応募動機にある「無理やりにでも」というのも、受け入れるのが常だから多少のことは大丈夫だし、もしも何かを掴める可能性があるのなら試してみてほしいという思いがあったのかもしれません。

 

Mな人は別に全員が特殊なプレイや痛みを受け入れることが普通だと思っているからMなわけではありません。
単にSMというよりも主従関係になって、従者が主たるものの指示を全て受け入れるという形はありますが、それでもちゃんと個人としての嗜好に基づき、選択権を行使してMとしてプレイしているわけです。

もちろん皆が皆そうではないですし、もっと自然とSMチックな関係になっている人もたくさんいると思いますけどね。

 

だから受け入れるからMなわけでも、Mだから受け入れるわけでもなくて、自分が受け入れられるものの中で好きなものを見つけていくと、もっとしっくりくると思いますよ。

よく自分のことをMですって言う女性がいますが、彼氏に首を絞められたことがあるとか、お尻を叩かれたことがあるとか、縛られたことがあるとか、そしてその時に拒まなかったから自分はMなんだ、っていう風に感じるのは早計かもしれません。

 

実際にあやなさんにMっ気があるとして、何となく受け入れる状態と、自分の意思で受け入れる状態の違いを意識できたらまた違った感覚が得られるかもしれませんね。

 

それとこれは個人的な感想ですが・・・気持ち良くなってきたときに自分の身体を抑えて我慢するのもそれはそれで可愛い反応だと思いますが・・・

たまに相手の手を握ったり、身体を掴んだり、もう少し相手に頼ってみても良いんじゃないかなって思いました。

体験中にたまにそうしてくれたように、ね。

あやなさんの感想

時折クスリと笑いながらも落ち着いてインタビューに応えてくれているのが印象的ですね。
インタビュー中に急にシンクの音がゴポゴポ鳴り出して、お互い平静を装っていたのですが、5回目ぐらいの「ゴポォ」で思わず笑ってしまいました。

 

性感マッサージについては、良い意味で想像していたのと違っていたそうです。
マッサージもののAVで見られるようなエッチなマッサージだと予想していたようですが、実際にはもっと普通のマッサージがベースにあったことを意外に感じていたようです。

ただ要所要所であやしい手つきで身体に触れられるので、ちゃんとマッサージなんだけどエッチなところもあって、それが彼女にとっては良かったみたいです。
(動画では上手い言葉が見つからないようでしたが、要約するとこういうことでした)

 

中イキしたり、それに近い感覚を得ることがあったか訊いてみると、上記の通り指で愛撫している時は意識がぼやけてしまっていたので少し曖昧な感じだったかもしれませんが、その後で色々している時にはっきりと感じたみたいです。

 

むしろ彼女から「あの時私、イッてましたよね?」ってはっきりした感じで訊き返してくれました。
わざわざ言わなかったけど、私もそうかなって思っていました(笑)

 

最初に訊いた時にもごもごしてたのは、私があまり「そういったこと」についてブログに書かないので、言わない方が良いのかなと気を遣ってくれていたのです。
優しいですね。

でも私は中イキとか性感マッサージとか謳って女の子とエッチなことをしたいおじさんなので、どうかお気遣いなく。

 

諸々の体験が終わった後で、「あやなさんは距離がある時よりも肌が密着しているような姿勢でのエッチが好きそうだね」という話をしたのですが、それを聞いて今までの経験を思い返しているうちに「絶対そう!」と思うとともにジワジワとさっきイッていた自覚が出てきたみたいでした。

加えて、今日のことと今までの経験から、彼女自身はどちらかというと小柄だけど、相手の男性は平均的な体格である方が自分の身体に合っているかもしれないと感じたみたいです。

 

体格差による不一致はお互いを知って歩み寄ることである程度はカバーできることだと信じていますが、努力をしなければエッチが上手くいかずに相性が悪いと思ってしまうこともあるでしょう。
ただこれからパートナーを探すのであれば、それを第一に考えるではなくとも相手の体型・体格についても自分なりの好みを持っておくのも良いと思います。

 

ちなみに文章では省いていますが、インタビューでは緩めの縛り(高手ではない後手縛りとか)をしてみた感想なども一応聞いています。

エッチな事への自発性が生まれる

体験後に彼女と別れてからほどなくして次のような内容のメールをいただきました。

 

今日はありがとうございました。
私メインでしたのが初めて、すごく満足できました。自分がどうしたらイキやすいかなど、1人で考えるんじゃなくて男性側からアドバイスがもらえて嬉しかったです。
これが少しわかっただけでも、お願いできるようになったので楽しみになりました。またタイミングがあえば、私がする側か、新しいことに挑戦したいのでよろしくお願いします。

 

大事なのは彼女が「自分がメイン」だと思えたことでしょうか。
そう思ってくれたのはすごく嬉しいですね。

アドバイスというほど大したものではなく、「こういう感じの方が好きかな~?」って思ったので尋ねてみたぐらいなものなんですが、お役に立てたようで良かったです。

 

「お願いできるようになった」と言っていますが、そういうことも込みでエッチはコミュニケーションなのだと思います。

逆に言えば多くの男女がお互いを気持ち良くしようと思って歩み寄ることが出来れば、わざわざリスクを取って私のような得体のしれない男に会いに行く必要はないんですよ。
いやまぁ、来てほしいけども。

 

もちろん人によっては到底解決できそうにない課題に辿り着くこともあるでしょう。
でもそう結論付けるのはベストを尽くした後でいいじゃないですか。

 

また何かしてみたいことや確かめたいことがあれば連絡してくれるみたいです。
自分が何が好きかもう少しだけアンテナを伸ばして気にしてみるというのもとても大事なことです。

 

「私がする側」って言葉も良いですね。
何をするのかとっても気になりますけど(笑)

相手を受け入れるのもとても良いことだと思いますが、先に述べたように私は彼女はもっと主体的にエッチを楽しむこともできるんじゃないかなって思っていました。

 

今日の経験と今までの経験が混ざり合って、彼女は既にエッチに対しての自分の好みとか、自分から楽しもうとする気持ちに気づき始めているのかもしれませんね。

快感に自発的に近づいていくことを知る・・・それは私からすれば貴女が形として中イキすることなどよりも、ずっとずっと「成功」に近いですよ。

終わりに

上述のように今回からは少しだけ変化を求めたのですが、その最初の相手が彼女で良かったなと思っています。

 

というのも、実はインタビュー中に彼女にリラックス誘導のことについても少し尋ねていて、そしてそのときの彼女の意見がとても参考になったからです。
動画にはしていませんけどね。

 

多分それ自体はふとした一言だったのですが、自分の中ではものすごく含蓄深く感じたので、これからはリラックス誘導にも少しぐらいは違った意味を持たせられるかもしれないと思っています。

 

彼女は彼女で私と話していて納得することがあったみたいですし、お互いに何気なく発した言葉がヒントになって気づくことがあるって、不思議なものですね。

 

何となくツイッターで呟いてみたりしましたが、個人的に書いてみようと思う事があるので、あといくつか体験記事を更新した後でアップする予定です。
今まで体験してくれた女性の中にも「それ」に当てはまる方がいたように感じているので、その方々にも合わせてお伝えできればと思います。

-中イキ, 女性のオーガズム

error: Content is protected !!

Copyright© オーガズム・ラボ , 2019 All Rights Reserved.