女性の快感に迫るブログ 女性用性感マッサージ、中イキ、SM、拘束、ラブグッズetc.

オーガズム・ラボ

女性のオーガズム

相手を気遣って快感に没頭できない つばさ21歳

投稿日:

性を意識してからずっと中イキに憧れて、経験もそれなりに積んでみた。
でも望む人とは中々良い機会に恵まれず、相手を変えてもいつも気を遣ってしまうことばかりで気持ち良さを感じるどころじゃない。

 

今回はそんな女性との一日のお話です。

つばささんの動機

つばささんからの応募メールは画像の通り。

tsubasa_application

文字に起こすと以下の通りです。

 

はじめまして。中イキ開発について調べようとしたところ、このブログが上位にヒットしまして過去の記事、プロフィールなどを拝見させていただきました。十人十色、悩んでいる人はいっぱいいるんだなと思いました。
(中略)性への目覚めは早かったです。知識がついた頃から中イキを夢見て今日まで生きてきました。何人かと肌を合わせてみたものの、中イキどころか外イキもままならないのが現状です。外イキはひとりでなら問題ないのですが、腕が疲れたのではないかと気を遣ってしまい途中でやめさせてしまいます。話すと長くなるので省きますが、もう詰んだと思っていました。諦めてひとりでがんばろうと思っていたところこのブログに出会いました。乳首開発、外からのポルチオ、拘束、首締め、言葉責め、やれる事は何でもやってみたいのがぶっちゃけたところです(笑)

 

気持ち良くなりきれないとか、中イキ出来ないというのは珍しいことではないと思いますが、どうして「詰んだ」とまで思ったのか気になったので、もう少し色々伺ってみることにしました。
快感を得ることを諦めてしまう理由としては、痛みがあるとか、全く気持ち良さを感じないとか、感情が高まらないとか、色々な理由があると思います。
なので、それぞれどういう風に感じているのか尋ねてみました。

 

膣内の感覚については以下の通りです。

 

濡れにくいというわけではないのですが、やはり濡れてないと痛い事があります。
指を入れられて、最初は気持ちいいのですが時間が経つと感覚がなくなるというか…
気持ちいいのは最初だけというイメージがあります。
また経験不足でありまして、気持ちいい部分というのを把握しておりません。一緒に探していただけたらと思います。

 

濡れていないと痛いのは普通のことですし、痛みの感じやすさについては特に変わった感覚は無いようです。
一方で快感が持続しないことについては彼女の考える膣内の気持ち良さと実際の気持ち良さにギャップがあること、クリトリスの強い快感の感覚が先行していることなどが考えられます。

気持ち良さを感じてもそれが気持ちの高まりとともに小さく緩やかに続いていくような感覚を得られなければ、時間経過とともに気持ちが冷めて、それに伴って気持ち良さよりも単純に触られているという感覚が上回ってくることもあるでしょうね。

 

次にエッチの際の感情面のことについては以下の通りです。

 

思い返してみて…お恥ずかしながら興奮した記憶がありません。何に興奮するのか自分でも分かりません。経験人数だけ増やしてぬるい事やってんなと反省してます。
気になる事は腕も含めて相手の状態全てです。
何考えてるのかとかそろそろ変わった方がいいかなとか、どういう反応したら興奮するのかなとか。

 

気分が盛り上がらない理由は色々あると思います。
1つには彼女の言うようにまだ自分が何を好きなのか、何に興奮するのか分からないということもありますし、理性というか顕在意識というか、そういうものの比重が大きくて気持ち的に行為に没頭できない人はいますよね。
また、受け身でいるよりも自発的に動いていく方が興奮が高まる人もいます。

 

自分にどういう性的嗜好があるか知るために色々試してみたいという気持ちも分かるのですが、結局好みというのはたとえそれが時間や経験を経て変わるものだとしても、根本的には自発的な感情として持つものだと思っています。
だから好みを探すために色々してみるというよりは、やはり自分がほんの少しでも興味があると思えるものを試してほしいです。

 

多くの人との出会いを重ねていても、本人が後悔していないのであればそれで良いと思います。

ただ短期的な結果を求めて多数の人と出会うことは「結果を得られなかった」という経験を積み上げてしまったり、無意識的に悪い意味での「慣れ」を身につけてしまう可能性もありますよね。

ですから何か大きな成果を得ようとするのではなく、中長期的な視点で色々試したり、少しの変化に着目する方が好ましいとは思います。

 

また、気持ち良さを感じることを難しいと感じたきっかけ等については以下のようにお答えいただきました。

 

自分にされていても時間が経つと気持ちよくなくなるので自分の事に集中できていません。イケないという気持ちが先行して、されていても罪悪感を感じて交代するというのが定石です。
私には現在お付き合いしている人がいます。
親子ほど歳が離れています。
彼には私の性に対する思いを何度か伝えてみましたが、知識と経験が彼には少ない上に歳と相まって性欲が人より少ないのです。
これをきっかけに一度別れたのですが、別れてからも私の性に対する思いを理解してくれる人は見つかりませんでした。セックス以外は全ていい人だったので、私が諦めようと思いよりを戻したのが先日の事です。
別れた間に出会い系、街コン、クラブ、色々試して色々な人と経験しました。しかしどれも続かなかったです。諦めるのはまだ早かったかなと思う事もありますが後悔はしていないです。自己開発をして自分でなんとかしようと思い、今に至ります。

 

色々な事が気になって没入感が得られない、気持ち良いという感覚よりも相手の状態を気にしてしまう、ある面では単純に周りに意識を割けなくなるほどの快感を得られていないからとも言えなくはないでしょう。

その意識の配分が変化するぐらい快感を得られると自然と解決すると思われるかもしれませんが、そのためには大きな快感を得る事よりも小さな快感に集中して「何だか気持ち良い気がするな~」と思う瞬間を増やしていくことが大事かなと思います。

 

ところが中イキに拘る気持ちが強いと中イキの快感が最初から大きいものだと思い込んでしまってあまりそういった微かな気持ち良さに意識が向きにくいこともあるでしょう。

彼女とお会いしたのは自己開発のデメリット感度を上げる自己開発法についての記事を書く前だったのですが、イクことに拘らずに小さな快感を意識することで、結果的に感度を高める好循環を生み出すことが大事かなということそれ自体は伝えようと思っていました。

 

対面と入室

当日、彼女と待ち合わせてホテルまで移動しました。

メールでお伺いしている限りは彼女も色々な人に出会ってきたみたいだったので、そんなに緊張していないかなと思いましたが、実は私と待ち合わせるのはかなり緊張したみたいです。

 

「よくやりますね」なんて言われてしまいました(笑)
確かに怖いし危険はいっぱいだけど、私からすればクラブやら出会い系アプリとかの方が恐ろしいんですけどね。
そのあたりは認識は性格の差か、それとも年齢の差でしょうか。

 

正直もっと気難しそうな人なのかな~って思っていましたが、表面上はそうでもない感じでした。
けど本人がメールで伝えてくれるように、何となく変なところで気を遣うような感じは見え隠れしました。

 

そしてどちらかというと若干自分が気ままに動いているように見せることで平静を保とうとする感じがありましたかね。

まぁ全部私の勘違いかもしれませんけど。

セックスレスはどう改善すべきか

ところで、上記のように彼女は自分が最も好意を寄せる相手にあまり性欲が無く、一番したい相手との機会に恵まれないという状態にあるようです。

セックスの問題は相手との関係で生じる問題なので、正直片方だけが頑張ることで改善するかというと、とても難しいのだと思います。

 

先天的な問題なのか後天的に抱いた課題なのか、男性側の課題が大きいのか、女性側の課題が大きいのか、身体的な問題なのか、それとも精神的な問題なのか、認めがたい性癖の不一致なのか、病気が原因なのか否か、人によって程度の差はあれどそういったことを考えた上で少しずつ改善していくことが必要でしょう。

 

まぁぶっちゃけ年齢で性欲が湧かないとかの理由ならホルモン療法とかが一番手っ取り早いという話になるかもしれませんが、多くの人が知りたい答えはそういうことじゃないですからね。

 

女性の中には自分が今よりももっと感じられる体になれば、もっと相手から求められて関係が改善していくのではないかと思って相談してくださる方もいます。

女性の感じている姿を見れば、感じている声を聞けば男性が昂るというのは確かにそうだと思います。

ただそれが女性の自助努力だけで成り立つかどうかは分かりませんし、ましてや感度を上げるために気が進まないけどパートナー以外の男性とエッチしてみる、というのはあまり効果的な方法には思えません。

 

では結局のところどうすれば良いのかというと、それは人によるというつまらない結論に至りますが、何よりもまず形の上だけでセックスすることや大きな快感を得ることに拘ったり、セックスによって強い快感が得られなければいけないという考えに固執しない方が良いと思います。

 

むしろお互いを想うパートナー同士なら軽くキスしたり、声を聞いて髪を撫でられたりするだけで満足するぐらいの領域に至れることを知って、それを目指すことが大事なのかなって思っています。
満足って言うのは性的なことを抜きにするという意味ではなく、そういったコミュニケーションで軽いオーガズムを感じるぐらいの関係になるという意味です。

 

それぐらい自分と相手が呼応し合っているという関係であれば、不安があっても相手を求める気持ちも湧き上がってくると思います。
不安が解消されるとか、リビドーが上回ってネガティブな感情が掻き消されるとか、必ずしもそういうことではなくて、何故だか分からないけど不安を相手がどうにかしてくれるようになると思います。

 

言っていることが無茶苦茶なのは分かっています。
「英語が上手くなるにはどうすればよいですか」と訊いて「まずは外国人の恋人を作ることだね!」って返されたときの違和感を1万倍にしたぐらい意味わからないと思います。
仮に言っている意味が分かっても、何故求めている解決策よりも遥かにハードルが高い話を提示されるのだろうかと感じると思います。

 

ただ、そういう関係になれる可能性があると知って、それをお互いが責任を押し付け合わずに目指すというのが望ましい形なのだと思います。

それが個人的な経験も含めての私の意見なのですが、当然いきなりそんなこと言われてもピンときませんよね(笑)

 

つばささんともこういう話をしましたが、「はぁ?」って感じの反応でした(笑)

脚の性感マッサージ

さて、少し脱線しましたが引き続き当日のことを書いていきましょう。

 

しばらく一日の流れや上記のような話をした後で入浴を済ませていただきました。
それからベッドの上でうつ伏せになってもらい、足先からマッサージをしていきました。

 

足の裏に触れるとほんの少しだけ疲れがあるように感じましたが、ちょっと遠慮してあまり力は入れずにマッサージしました。

彼女は肩を立てるような姿勢でうつ伏せになっていたので、疲れないかなと気になったのですが、本人にとってそれが安心できる姿勢だったのでしょうか。

 

一連の流れで足裏、くるぶし、ふくらはぎ、太腿などに触れていきましたが、どの段階においても特徴的な反応などはありませんでした。
たまに少しくすぐったいのか腰や脚をピクッと震わせていたぐらいです。

 

だからマッサージが気持ち良いと思えていたかどうかは分からないけど、おそらく始めた時よりも多少リラックスはしていたでしょう。
私は彼女が枕に涎を垂らしていたのを見逃していなかった・・・!(笑)

 

脚のマッサージを終えてすぐに彼女からトイレに行きたいと言われたので、一旦休憩を取りました。

冷たいコーヒーばっかり飲むからやないか笑

 

お尻と鼠径部の性感マッサージ

tsubasa_hip massaged

再開してお尻・腰から背中のマッサージへと移りました。
お尻のマッサージは性感タッチではなくて、身体の芯に向けて圧を加えるような感覚でしてみました。

 

深い理由は無いですけど、多分彼女が自覚しているよりも彼女の姿勢はお尻とか体の後ろ側に負担をかける姿勢だと思っていたので、何となく。

彼女自身は「あたしめっちゃ健康なんすよ!」と言っていたので全然大丈夫だと思いますけど、自然治癒力が追い付かなくなった時にダメージが顕在化しちゃうかもしれないので気を付けてほしいかな。

 

それから腰を高く突き上げてもらって鼠径部のマッサージへ。
枕を巻き込むみたいに抱きかかえる姿勢が独特だな~と思っていました。

 

太腿の裏側から性器の周りまでスーッと両手の指を伝わせていくと、さすがにくすぐったいのか、それともちょっともどかしいのか、腰のカーブを大きくさせて体を小さく震わせていました。

 

鼠径部と背中やわき腹を同時に触ると反応がやや大きくなりましたが、興奮を高めるようなところまでは至らなかったかもしれません。

乳房・乳腺とお腹の性感マッサージ

tsubasa_breast massaged

今度は仰向けになって胸や肩口、お腹をマッサージしていきました。

乳房の外郭とわき腹の間、乳腺を刺激するような手の動きに対しては、ピクンと軽く背中を浮かせるようにしていましたが、おそらくちょっとくすぐったさが勝ってしまっていたのかもしれません。
くすぐったさのせいか時々小さく脚をバタつかせていました。

 

胸は乳房周辺は普通に触れられている以外の感覚はなくて、乳首はちょっとだけ感じるってぐらいなのかなと思いました。

けど多分乳首に関してもまだ気持ち良さよりは単純に触られているという感覚の方が強い状態なんじゃないかなと思います。

 

強めに触れられたり、軽く指で弾かれたりすると何となくピクンとなるけど、それもそんなにはっきり気持ち良いとは思っていないんじゃないかな。
でもそれは全然珍しいことではないんですけどね。

 

個人的には少し時間がかかったとしても胸の感度を上げようとすることはとても大事だと思っています。

胸の感覚に集中することで感度が上がる場合もあれば、全身の感度が上がっていく過程で胸の感度が上昇することもあるし、それについては一概には言えませんが、いずれにしても胸という性感帯を軽く見ないようにしないといけません。

 

胸の気持ち良さが膣内で感じるためにきっと役立つと思いますから。

 

腹部に少し圧を加えて触れていくと、軽く肋骨のラインを浮かせて身体を反らしていました。
そちらに関してはくすぐったさとは少し違う反応のようでしたが、かといって気持ち良さがあったのかというとそうでもない様子でした。

 

普通に押圧するマッサージの刺激に対して身体が動くという感覚が近かったように思います。

指責めで腰を小刻みに動かす

tsubasa_vagina massaged

彼女に自覚は無かったかもしれませんが、仰向けのマッサージを一通り終えた時点でとても身体が熱くなっていました。
性的に興奮しているような感じはあまりなかったのかもしれませんが、健康体を自認するだけあって少し押したり擦ったりするだけで血行が良くなりやすいのかもしれませんね。

 

太腿の付け根や性器の周辺へと指を這わせて、それから指を彼女の秘部へと進めていきました。
幸いにも膣内に痛みは感じないようでした。

 

指を挿入してからしばらくは馴染ませるようにじっとしたり小刻みに微細な振動を送ったりしました。
少し動かしても大丈夫そうに思えたタイミングで、膣壁上部に指の腹を当てて小さな刺激を送っていきました。

 

このとき、どうやら彼女としては快感よりも尿意に意識が集中していたようです。

 

膣壁上部、膀胱側に振動や刺激が伝わると尿意を催してしまうことは良くありますし、膣内で気持ち良さを感じている女性でも「おしっこが出そう」と思ってしまうことはあります。
気持ち良さがまだ今ひとつ分からない女性であれば、違和感の方が強くなるのも無理はありません。

 

では膣上部(お腹側)から程遠い箇所を刺激すれば平気なのかと言うと、それもまた難しくて、直接的な刺激は減るけど、女性が興奮や気持ち良さよりも違和感や単に触られているという感覚を得ている場合には、変わらず尿意をもたらす結果になることが多いと思います。

 

そうなると根本的に尿意を抑えつつ快感を大きくする(大きくなっているかのように感じてもらう)必要が出てきますが、観念的なことは除いてとりあえずすぐに試せるのは膣を少し締めつけるように力を入れる事かなと思ったので、それを勧めてみました。

おしっこを我慢する感覚で膣に少し力を入れることで尿意が紛れるかもしれないし、膣内に挿入されている指をホールドする感覚があれば、意識も少し違うところに向くかもしれないので。

 

強く瞬間的に力を入れて締め付けるというよりかは、じんわりと体の内側の筋肉に弱い力が入っているのを感じるような感覚があると良いのですが、中々いきなり言われても難しいですよね。

尿意を感じてもあえて抑えないということも大事だと思いますが、実際には抑える抑えないの問題ではなくて尿意が湧き上がってくること自体が心地良くないので、「気にしないで」というのもあまり意味は無いでしょう。

 

膣壁上部とそれ以外の箇所への刺激の違いが伝わると意識も多少変わるかもしれないと思って、交互に組み合わせて刺激を送り込んだりもしてみました。

少し触り方を変えると腰をクネクネと回すようにして反応していました。
最初はやや反応も固い感じがしましたが、時間の経過とともにより柔らかく緩やかになっていたように思います。

 

 

彼女が多少なりとも気持ち良さを感じられていたかと言うと疑問ですが、膣内の反応それ自体としてはとても良かったと感じました。
ただし、それも彼女としては意識的に膣を締めつけたりしていたから反応があるように見えるに過ぎないという感覚のようでした。

 

ところで、合間に彼女が「疲れてない?」と気遣ってくれましたが、疲れてません。
というかガチのマジで3時間ぐらいこういう動きしてても腕はたいして疲れません。
女性の方はたまったものじゃないですけどね(笑)

 

この後は休憩して軽く話をしました。

 

ところで彼女は上述のように拘束とか、色々な事も興味があると書いてくれていたのですが、私はまずはそういった変わり種を抜きにして今よりも少し気持ち良さを感じてもらいたいと考えていました。

彼女からしたらもっと試してみたかったのかもしれませんが、一方で私は形だけ変わったことをしても違った気分になれるかどうか疑問に感じてしまっていたのかもしれません。

色々な事が気になる

後で動画を見返している時に気づいたのですが、休憩を取る前に「少し待ってて」と告げてベッドから離れて洗面所に行っている間に彼女は自分で下腹部を押してみたり、色々と確認していました。

 

私のしたことに違和感があったのか、どんな意味があるか確認していたのか、場所によって違う感覚があるか確かめていたのか、それは分からず仕舞いですが。

 

その他のちょっとした仕草などを見ていると、やっぱり彼女はどこか変なところで気を遣う人なのかなって思いました。
特にメールに書いてくれていたように、自分がどう思われているかとか、自分が相手に迷惑をかけていないか、みたいなことが気になるのかもしれませんね。

 

休憩中に少し話をしましたが、何気ない言葉が私の意図しない方向性で受け取られてしまった可能性があるかもしれません。
例えば「(自分の身体がちゃんと感じられるということに対して)期待を持ってね」と言ったのを「(人生に対して)期待を持とう」みたいな変に説教臭い感じで受け取られてしまったかも(笑)

 

まぁもう過ぎたことなので仕方ないけど、何か別の動作をしながら話すと変に含みがあるみたいになっていけませんね。

つばささんの感想

彼女にインタビューなどはしていませんが、その日伺った率直な感想としては「正直今日感じていたのが気持ち良さなのか尿意なのかよく分からない」ということです。

 

加えて膣内の快感は意識するまではとても小さく緩やかであることが多いらしいよ、ということに対してもイマイチ納得できなかったのかもしれません。
もしかしたら上手く言いくるめようとしているように思われちゃったかもしれません(笑)

 

だから私としてはまずは彼女に快感の「感じ方」を大きくすることや、尿意を抑えたり尿意と快感の切り分けをするような方法を提案して試してもらうことが大事かなって思っていました。
気持ちの問題もあるに違いないので断言はできませんが、特別なことを抜きにしてもそれだけで今より気持ち良くなれるんじゃないかと思うし、まずそういうレベルのことから試せばよいと思いました。
その上で少しずつ興味の出てきそうなことを試すと良いんじゃないかなって思っていました。

 

ちなみに、ある時から体験後に自分が感じた改善点などを体験後にまとめて女性に伝えるようにしています。
あくまで参考までに、というだけでそれがその人に合っているかどうか分からないし、正しいわけでもないのでそれほど意味はないかもしれませんけどね。

明確な結果が出なければその人にとっては思い出したくない嫌な経験になってしまうのかもしれないけど、私は誰かと会った経験を無駄にしたくはないし、取るに足らない変化でも感じてもらえればと思っています。
だからそのために一応参考までに表面的な事でも自分の感じたことを伝えておくようにしています。

 

相手がどうとかじゃなくてあくまで私の自分勝手な気持ちの問題。
結局それも出来ず仕舞いでしたが。

 

正直彼女は身体的には何ら課題を抱えていないように感じたので、複雑なことをしなくても一つ一つ新しい小さな課題を探して潰していけば普通に気持ち良さが向上していくのではないかなと思っていました。
少なくともこれから書いていくことになるであろう色々なケースと比較すると改善するまでの時間は短いんじゃないかと思っていました。

 

だからもしがっかりして諦めてしまったのだとしたら、私の力不足を棚に上げて言うのもなんですが、純粋に勿体ないなって気持ちがあります。全く目に見える結果を出せずにこんなことを言うのもなんですけどね。

終わりに

ぶっちゃけ体験してくれた女性があまり変化を感じられなかったケースについては全部限定記事にしても良いかなって思っています。(動画は公開しますけど)
変化が分からないと相手の感じたことも分からないし、自分が考えていたことも正しいとは言わないまでもその人にとって効果のある選択だったのかということも分からないからです。

 

それに課題がややこしくなるにつれて多少突っ込んだことを書くことにもなるからわざわざ文章を全体に公開したいと思わないし、一応諸々の条件を納得してもらった上での体験ではあるけど、明確に得るものなしにブログでアレコレ言われるのって相手としてはどうなの?っていう疑問がありますから。

 

それでも今回彼女の記事を全体公開で書いたのは、彼女だけに向けてというわけではないけど、この記事に合わせて体験してくれた方に(特に色々と気にしがちな方に)次のことを伝えておきたいと思ったからです。

 

相手が中々納得できなかったりポジティブな気持ちになれないときは、根本的に私が相手にとって役者不足だったり、私の言動が不快だったり、色々と失望させてしまったのかなと思っています。

そして私としては別にそれならそれで全く問題ないです。
(相手にとっては問題ですけど)

 

だから違ったら「思い上がってんじゃねーよ、テメーの顔と言動が不快だっただけだ」とか「貴方に対して特に思うところはありません」と心の中で呟いてくれればそれでよいのだけど・・・

 

もし万が一に、数%でも「自分の反応が良くなくて迷惑をかけたんじゃないか」とか思っているのであれば、それはあり得ないので微塵もそうは思わないでほしいです。

 

そしてそんな思いが過って少しでも気持ち良さに集中することを妨げられてしまったのであれば、そう思わせてしまったことも含めて私が至らなかっただけです。

 

色々書いたけど、本当は念のためにこう伝えたかっただけ。

-女性のオーガズム

error: Content is protected !!

Copyright© オーガズム・ラボ , 2019 All Rights Reserved.