女性の快感に迫るブログ 女性用性感マッサージ、中イキ、SM、拘束、ラブグッズetc.

オーガズム・ラボ

コラム

女性がエッチで中イキするための3条件

更新日:

こちらの記事では私が考える女性が中イキするための条件について書いていきます。

あえて3条件に絞ったのは、武道における心・技・体みたいなものにすればイメージしやすいかなと思ったからです(笑)

中イキするために必要な3つの条件とは

three factors of female orgasm1
  1. 身体の問題:女性の身体の感度・開発度合い
  2. 技術の問題:相手のテクニック・愛撫の方法
  3. 心の問題:女性の性的興奮度・心理状態

これらの3つの要素の組み合わせで快感の深さが決まったり、性器に触れられずともオーガズムに至ったり、一人エッチだとイケるけど彼氏とセックスするときはイケなかったり、外イキができるけど中イキが出来ないといった状態になったりします。

 

何か1つ欠けると絶対に気持ち良くイケないというわけではありませんが、心理的要素という最後の決め手が欠けて絶頂することができないことがあります。

これらの要素は相互に補完し合っているので、1つが0%で他2つが100%というような偏り過ぎた状態になることはあまりないでしょう。

もちろん全てが高い水準で満たされたエッチでは、女性は文字通りの絶頂・エクスタシーを感じることができるはずです。

女性の身体の感度

まず、女性の身体の感度について。

これは説明するまでもなく、女性自身が感じやすいタイプであるほどエッチで気持ち良くなりやすい、高いレベルでの絶頂に近づくということです。

女性の身体の感度がある程度上昇している場合とは、例えば自慰行為等により特定の箇所が気持ち良いという風に性器への意識がある状態、パートナーとエッチなことを経験する中で感度が上がり女性の快感に目覚めている状態などを指します。

 

本当の意味で体の感度が開発された女性は、クリトリスや膣といった女性器以外への刺激でもオーガズムを感じ得る状態になります。

逆にこの感度が十分でない女性には

  • 単純に性的な経験が多くない
  • 時間をかけてじっくりとエッチなことをした経験がない
  • いつもセックスが短時間で終わる
  • 今までのパートナーがあまり女性本位の愛撫をしてくれなかった
  • 性器のみを刺激する単調な愛撫しか経験がない

などのことが考えられます。

 

当ブログではこのような女性の性感を開発するために、女性用性感マッサージを行っています。
気になった方はこちらの記事をご覧ください。

⇒女性専用の性感帯を開発するオイルマッサージの説明(動画付き)

 

しかし、必ずしもマッサージというスタイルを取らずとも、時間をかけて全身を愛撫してもらうような機会を得ることが出来れば、自然と身体の感度は上昇していくはずです。

 

もしも貴女が自分の身体の感度についてパートナーに打ち明けることが出来る場合、もしくは相談できるような相手がいる場合には、じっくりと時間を取って性感を高められるようにお願いしてみてはいかがでしょうか。

意外と大事な骨盤底筋の筋肉量

実は女性の身体の感度と同じぐらい大事なことがあります。
それが女性の筋肉量(特に骨盤底筋)です。

極端に筋肉量が少なかったり、筋肉の動きを認識できないという方は、身体の感度そのものよりもオーガズムに達するのに必要最低限の筋肉が足りていない可能性があります。

 

しかし、その場合はそこそこ稀なケースだと思われるので、ここでは大きな要素には含めないようにしています。

女性の感度がある程度のレベルに達していることが中イキする条件の1つだとするのであれば、この筋肉量の問題はむしろそれ以前の前提条件のようなものだと考えて下さい。

 

そちらについては後ほど中イキと女性の筋肉量の関係についての記事、膣トレ関係の記事を追加しますのでご一読ください。
骨盤底筋やその認識方法、鍛え方についても書いているので、不安に感じる方や自分が必要な筋力を持っているか気になる方は是非参考にしてみて下さい。

相手のエッチの技術について

これもまた読んで字のごとく女性の性感帯をうまく刺激するテクニックのことです。

相手の気持ち良い所がどこか見極めること、正確に性感帯を刺激すること、愛撫の緩急のタイミングを間違えないことなどの身体的コンタクトにおける女性の満足度を高める技術が一般的にはエッチのテクニックであると考えられています。

 

おそらくものすごいテクニックを持った人というのは世の中にたくさんいるかと思いますが、それでもなお個人的には女性が気持ち良くイクための3要素の中では最も重要でない要素だと感じます。

three factors of female orgasm2

 

何故かというと、とても興奮した状態ではあまり相手のテクニックが良くなくても感じることは出来ますし、女性自身の感度がとても敏感であれば単調な愛撫でもかなり気持ち良くなることは出来るからです。

ですが実際には的確にポイントをとらえた効果的な愛撫をすることに加えて、女性の緊張を解きほぐしたり、雰囲気を作って興奮させたりといった心理的ケアも含めて男性のテクニックと考えるべきなのかもしれません。

 

そう考えると最も重要でない要素だと捉えるのは早計かもしれませんが、相手の女性との関係性が良好であれば、よほど下手な愛撫をしないかぎりエッチが苦い経験となることは少ないと思います。

心理的要因・性的興奮度

自分をさらけ出すことに抵抗感があるなどの精神的な問題、彼氏とのエッチがイマイチ気持ち良くなくて盛り上がらないといった興奮度の問題がこれに当たります。

ある意味ではこれが最も大事な要素であると考えられます。

精神的な要因でエッチに集中できないという場合には、基本的には相手への不満よりも自分自身の思い込みやコンプレックスが問題となっていることが考えられます。

 

例えば自分の身体に変なところがないか心配だとか、相手に恥ずかしい所を見せられなくて拒んでしまうとか、色々なことが考えられます。

これは清潔感に気を付けて自信をつけるとか、体型がコンプレックスであればそれを解消するためにダイエットやトレーニングを行うといった対策で解決する場合があります。

逆に自力で変化させることが出来ないことが原因で心理的な抑圧を受けているのであれば、根が深い問題になります。

エッチでの性的興奮度

それと同時に女性の絶頂感に深く関わっているのが性的な興奮度合いです。
何だかエッチが盛り上がらない、気持ち良いと感じることはあるけどイケないという場合には、この性的興奮の度合いが深く関わっていることが予想されます。

エッチのマンネリ化が問題だと捉えられるのも、この興奮度が関係しています。

 

シチュエーションや愛撫によって受ける刺激が同じで、常に予測可能なエッチばかりを行っているとエッチをしていてもそれなりに気持ち良いけど、何だかな~という不完全燃焼感・不満を抱いてしまうわけです。

そして、エッチであまり興奮できないと、エッチの気持ち良さや楽しさよりもコンプレックスや悪い点にばかり意識が集中してしまう悪循環に陥ることもあります。

 

心理的・精神的要因が原因の場合はそれを解消することを、十分な性的興奮が得られない場合にはそれを改善することを求めますが、私は個人的にはこの2つの要素を完全に切り離すのではなく大小関係でとらえると良いのではないかと思います。

つまり女性が「性的興奮>心理的・精神的抑圧」という状態になれば、エッチなスイッチが入り、自分自身を解放して気持ち良くなることが出来ると考えると良いでしょう。

貴女の身体の感度や相手の男性の接し方に問題がないのであれば、心理的な抑圧を興奮や愛情の高まりが上回れば、自ずと気持ちの良い体験ができるはずです。

 

※男女の性的興奮の高まり方とその違いについてもっと読んでみたい方は、別途記事をアップしますので参考にしていただければと思います。

おわりに

たった3つの要因についての表面的な話になりましたが、貴女が中イキできないと悩んでいるのであれば、この単純な3要素のうち自分にはどれが欠けているかを意識することはとても重要だと思います。

女性自身が解決できそうな問題なのか、男性が努力するべき問題なのか、パートナー同士が歩み寄って解決したほうが良い問題なのか、人によって答えは異なるでしょう。

 

従って解決策もそれぞれ異なるのですが、概して言えることは男女のどちらか一方が頑張るのではなく、男性は女性を気持ち良くさせることに腐心し、女性は男性から丁寧な愛撫を引き出せるように身綺麗にしておくことが中イキするための近道だと思います。

 

 

-コラム

error: Content is protected !!

Copyright© オーガズム・ラボ , 2019 All Rights Reserved.