女性の快感に迫るブログ 女性用性感マッサージ、中イキ、SM、拘束、ラブグッズetc.

オーガズム・ラボ

SM 拘束・緊縛

拘束具の魅力と特徴 緊縛との違い

更新日:

拘束具には手枷、足枷をはじめとした使いやすいものから、腿枷やM字開脚拘束具、グローブ、ボンデージバンドなど様々なものがあります。

拘束と言えばどうしても麻縄による緊縛を連想しがちですが、拘束具も相手の動きを制限するという意味ではとても面白いグッズです。

拘束具の長所と短所

あくまで私が考える特徴ですが、拘束具には以下のような特徴(長所・短所)があります。

  • 練習などをしなくても簡単に使える
  • 緊縛よりも安全性が高い
  • 手入れもそれほど難しくない
  • 融通は効かせにくい

縄やロープによる緊縛には神経の圧迫や血流の疎外といった問題を考慮しながら、さらに時間と格闘しなければならない大変さもあるので、あまり初心者には向かないかもしれません。
もちろんポイントを押さえて時間を計測すれば大丈夫だとは思いますが、縄やロープの材質・太さによって気を配るところが変わるので少し難易度が高い気がします。

その点拘束具は程度にもよりますが、縄による緊縛よりかは精緻さを求めないものが多いので、簡単なものを使えば相手の体調を管理するプレッシャーが比較的少なくなるかと思います。
全身ガッチガチの拘束具を使うとなればまた話は別ですが。

拘束具の保管も非アルコール系の洗浄液と光沢を出すラテックスグローを用意して、風通しの良い陽の当らない場所で保管すると良いので、それほど難しくはないです。

一方で拘束具の問題点としては、全身拘束具等の場合には縄やロープと異なりやや汎用性に乏しいという点が挙げられます。

例えばボンデージスーツなどは体格の異なる女性に対して使い回すことが出来ないので、予め女性の体のサイズに合うものを選ばなければジャストフィットした際の締め付け・拘束感が得られないのです。

縄で拘束する場合には、相手の体型によって使う縄の本数や余った縄の処理が変わってきますが、縛り手が臨機応変に対応できれば縄そのものを変える必要はないです。

加えて、拘束具は本革・合成皮革問わず体質的に革が苦手な人には向かなかったり、金具や装飾を伴うものもあるので、それが苦手な人には使いづらいですね。

従って緊縛は相手の体に合わせて縄を調節する技量が必要で、拘束具には装着する技量よりも相手の体型・体質に合っているかどうかという観点が必要ということですね。

ところで、拘束具にはどのようなものがあるでしょうか。
以下ではポピュラーな拘束具について簡単に紹介していきます。

手枷・足枷

拘束の中でもっともソフトで、それでいて女性のM心を刺激する道具と言えば、手枷なのではないでしょうか?

ほんの少しお互いのSMへの興味を満たすだけであれば、手枷を使わないまでも、タオルで軽く手首を拘束してみるだけでも普段と違った雰囲気でプレイを楽しめます。
しかし、もしも拘束具を使うことに抵抗がないのであれば、手枷や手錠は一番最初に試してみると良いグッズだと思います。

手枷がそれ単体で使用されることも多いのに対して、足枷はあまり単体で使わないのではないでしょうか。
というのも、足枷同士を結着しても、足が開けない状態になるだけなので、男性視点では何かもう一つ仕掛けを作らないとインパクトに欠けてしまうからです。

例えばローターや電マを固定してから閉脚状態にすることで逃れられなくしたり、放置プレイに活かすなど、ちょっとした要素をプラスして楽しむことが考えられます。
本当の拘束フェチからすれば全身をギチギチにするだけで十分そそるのかもしれませんけれども。

概して男性が女性に股を閉じられないような拘束を施すことを好むのに対して、女性は閉脚状態での拘束、体のパーツが密着した状態での拘束感を好むという話もあります。
ですので、手枷足枷を駆使して体を開けない状態にしての責めなども一定の需要があるかもしれませんね。

ジョイント機能付きの手枷足枷がオススメ

手枷足枷はそれぞれをくっつけることができるジョイント機能があるものを選ぶと、単純に手足を拘束するだけではなく簡単に女性を開脚状態にすることもできるので、金具の分だけ少し重いですがおススメです。

例えば手を手首を股の内側に持ってこさせて足首と結合して脚を内側に閉じられないようにしたり・・・逆に足首の外側で手首を固定して手の動きを封じたりして楽しめます。

吸盤拘束具(吸盤カフス)やロープなどと併用すれば、取っ掛かりのないベッドでも大の字拘束できます。

ブレストボンデージ(胸の拘束具)

breast bondage

他にもたとえば画像のような簡単なブレストボンデージ(胸の拘束具)を使えば、比較的短時間で安全に胸回りを飾ることができます。

このように体全体に這わすような拘束具は、サイズによって拘束感が変わるので、相手の女性が好む程度にフィットするものを探すのは少し難しいかもしれませんね。

ある程度のサイズをカバーしている可変タイプの拘束具も良いのですが、体に吸い付くようなフィット感はやはり身につける人に合ったものでなければ得られないでしょう。

このようなひも状の拘束具ではなく、ベルト状になった拘束具もあるので、線ではなく面で締め付けられることに快感を覚えるのであれば後者を試してみると良いと思います。

拘束具もモノによっては好みは分かれると思うので、時と場合と嗜好によって使い分ければよいと思います。

首輪・首輪付きニップルクリップ

nipple clip_choker

首輪も手軽に装着できて女性のM心をくすぐることができるグッズだと思います。
最近では少数ですがチョーカーをファッションの一種やコスプレ的な印象でもって身につけている方もいるので、紐(リード)のない首輪であればそれほど抵抗なく着けられるのではないでしょうか。

首輪を装着することでご主人様と奴隷という支配関係を確認したり、所有・隷属といった関係性を誇示するといった意味合いもあります。

さらに首輪にリードがついていると一気にハードな雰囲気が上がり、相手を調教する、奴隷や動物然としてプレイする(ペットプレイ)という感じが強まります。

首輪そのものには肉体面よりも精神的なSM関係が含まれているように感じますが、首輪と組み合わせて身体的な興奮を得るようなグッズもあります。
例えば首輪とニップルクリップが一緒になったグッズ。

写真のモノ自体はネットショッピングで購入できる安物ですが、簡単なものでも似合う人がつけると中々イイ感じになります。

装着してプレイすることで女性のM性を刺激したり、乳首に快感を与えるだけではなく、音と快感を繋げるためのブリッジングにも使えるかもしれません。

本当はもっと首輪と乳首をつなぐ鎖の距離を短くして、背中を反らせたり、感じて顎を上げると乳首が引っ張られてまた感じる・・・という作りにしたいのですが、実際には一度相手の身体で試してみないと適切な長さも計れませんね。

いずれ首輪付きの乳首クリップで背中イキ×乳首イキという画を撮ってみたいと思っています。

口枷(ギャグ)・開口器

口枷には相手の言葉を奪うという性質と、閉口の自由を奪うことで涎を垂れ流しにさせるという恥辱的な性質を併せ持っています。

また、口枷以上に開口器としての性質にフォーカスしたものであれば、口内への異物・液体の侵入を防ぐことが出来なくなるというより加虐心をそそる一面が強調されます。

口枷の中で最も見覚えがあるのはボールギャグというものでしょう。
何故かというとAVなどでちょこちょこ登場しているからです(笑)

その次に有名なのはバイトギャグ(ビットギャグ、ポニーギャグ)でしょうか。
厳密にはビットギャグ(Bit gag)には馬のくつわを模したものという意味があり、バイトギャグ(Bite gag)は形状により使用者が不可避的に噛みしめなければいけないギャグという意味で両者は異なるといいますが、実際にはほぼ混同されているように思います。

元々は馬の轡をイメージした口枷ということで、ひも付きのバイトギャグを装着させた状態でスパンキングをする“お馬さんプレイ”などの使い方もあります。

当然ながら口枷には相手の言葉を奪うという特性があります。
言語とは人を人たらしめる最大の要素でありますから、それを封じるということはある意味では人間を単なる動物として扱うプレイも視野に入ってくるわけです。

和洋折衷を嫌うSM愛好家もいる

余談ですが、アダルトビデオでは麻縄による緊縛とボールギャグを併用したり、首輪に麻縄をつけさせた服従プレイをさせたりなどの描写が目立ちます。

私自身はそれはそれで面白いし、少なくとも正統な芸術的表現ではなく演出のためにしていることだから、それぞれの要素自体はミスマッチでも良いのかなと思っています。

ただ、SM愛好家の中にはそういった和洋折衷を好まずに「緊縛には和室と手ぬぐいの猿轡」といった画的な調和を好む方も多くいます。

アイマスク・全頭マスク

性感マッサージやリラックス誘導を行う際にはアイマスクを着用していただきますが、それには余計な視覚情報をシャットアウトして体や呼吸に意識を集中してもらうという意図もあります。

そのように用いれば、視覚が閉ざされているにもかかわらずリラックスすることもできるのですが、SMプレイとしてのアイマスクには少し異なる側面があります。

  • 何をされるか分からないという緊張感と期待、被虐心を煽ったり
  • 視覚を奪われることで音や空気感を深く感じたり
  • 自分が置かれているの状況を正確に把握できないことが却って想像力を掻き立ててプレイにどっぷり入り込んでしまったり

同じ道具でも使う状況によって違う面が強調されるのはとても面白いですね。

全頭マスクはかなりマニアックで、好き嫌いが分かれると思います。
アイマスクに視覚の遮断という特徴があるのに対して、全頭マスクには相手の顔、すわなち“個人”の否定という側面があります。
顔というアイコンを排除して、身体とその反応のみでしか自分を表現できなくしてしまう・・・

自分という“個”を排除して乱れたいとか、人形のように扱いたい・扱われたいといった願望を叶えるのに適したグッズだと思います。

しかし一方で地味に窮屈で普通に苦しかったり、上手く装着してないと髪が引っ張られる、化粧が崩れる等の理由でM女の好き嫌いも分かれるグッズだと思います。
だから使いどころはけっこう限定されるかもしれませんね。

拘束具・SMグッズは多種多様

こちらの記事ではいくつかの拘束具やSMグッズを取り上げて個人的な感想を述べましたが、ここに書いたグッズは全体のほんの一握りです。

拘束具やSM器具はプレイを楽しむために作られたものもあれば、中世の拷問器具等から派生したようなものもあり、まさに多種多様です。

ここでは手に取って持ち運びできるようなものばかり紹介していますが、ケージ(檻)を使ったプレイなどもあり、実際に自作しているような色々な意味でマニアックな方もいます。

SM愛好家の中には拘束具やSM器具を自作したり、パートナーに合わせて改造・改良している人もいますので、型にはまらずに色々使ってみると良いかもしれません。

-SM, 拘束・緊縛

error: Content is protected !!

Copyright© オーガズム・ラボ , 2019 All Rights Reserved.