女性の快感に迫るブログ 女性用性感マッサージ、中イキ、SM、拘束、ラブグッズetc.

オーガズム・ラボ

女性のオーガズム

セックスの回数を重ねるごとに苦手意識が増してしまう ゆめ24歳

更新日:

なんだか上手く行かない時ってありますよね。
私にとってはこの時がそうでした。

相手に問題がないのに、満足させることが出来なかった。
まだこのブログを書く前のことで、私にとっては苦い経験。

そして一方で現状のスタイルに落ち着くきっかけと、ブログを新しくする動機になった出来事です。

 

ゆめさんの応募動機

yume_application

応募メールの一部は画像の通り。

文字に起こすと以下の通りです。

体験を応募したいです。

応募した理由
以前からブログを拝見させて頂いておりました。エッチなことをするのは好きだし興味はあるのですが、いざするとあまり気持ちがいいと思えた経験がありませんでした。回数を重ねるごとに苦手だなって思ってしまうのがとても嫌で、気持ちいいって感じれるようになりたいと思い、応募するに至りました。

 

彼女のメールからとても丁寧できっちりしている印象を受けるとともに、相手の気持ち次第ではものすごく難しい性感開発になるなと思いました。

一概には言えませんが、単純にエッチで気持ち良いと感じたことがないとか中イキしたことがないという人とは違い、膣内の刺激に苦手意識を持っている女性は心理的抵抗が非常に強く、気持ち良くなってもらうのはとても難しいと考えられます。

加えて、ゆめさんの身長・体重などから、細身で華奢≒膣内への刺激を痛がりやすいタイプなんじゃないかなと予想していました。

勝手に相手を想像してしまう私。
ノストラードファミリーではやっていけませんね。

上記の文章だけでは膣内で痛みを感じやすかったり、エッチなことに相当な苦手意識を持っているようには感じられないかもしれません。
私も最初はそれほど深く考えていたわけではありませんでしたが、彼女の反応を見るにつれて考えが変わっていきました。

 

リラックス誘導~脚のマッサージ

yume_leg oil massage

とりあえずは一旦心を落ち着かせてもらってから性感マッサージを始めていくことにしました。

ちなみにこのときのリラックス誘導およびマッサージは変更前のもので、現在の方法とは少し違ったものでした。
(この日をきっかけに再考したので当たり前ですが)

 

この時は先に軽くパウダーマッサージをしてからオイルマッサージに入りました。
それはそうと、彼女の肌質は特徴的でとても綺麗でした。
稀にいるタイプですが、色白で肌が桜色っぽいですね。

 

パウダーの時もオイルの時もどことなく期待感もあるように見えるのだけど、それ以上になんかこう・・・固い。

焦らしとかそういう表面的なことではなくて、少しずつ気持ちをほぐしていくことが出来ればよかったのですが、けっこう淡々と進めてしまっていました。

 

鼠径部、胸のマッサージ

yume_hip massage

撮影時のアングルの妙でお尻がすごく迫力のある感じに映っています。

性感帯が密集している鼠径部周辺をさわさわして相手の反応を伺いました。
僅かに体を震わすような反応ではありましたが、お尻や鼠径部のマッサージを終える頃には、アソコは濡れていました。

 

そしてまた仰向けで足先から胸へと愛撫していきました。

たまにハッと息を吐いていますが、基本的に声は出ないという感じでした。
緊張感もあるし、私自身彼女の呼吸に合わせるような動きが出来ていなかったのだろうと思います。

 

当然のことながら、体験に来た女性はかなり緊張しているのですが、それにも増して固さを感じます。

特に指を入れるのも苦手という女性からすれば、性感マッサージで段階的に核心に近づいていくという本来であれば興奮に作用する流れも、次第に自分が苦手とする場所に手が近づいてくるというプレッシャーになってしまっているのかもしれません。

 

想定外の事態

 

そんな折に、彼女にとっても私にとっても完全に予想外のハプニングが起きました。

 

ジリリリリリリ

急に金属をこすり合わせたような無骨な音が室内に鳴り響いたのです。

 

ホテル側の不手際でセキュリティアラートが短くない時間作動し続けました。

激おこ。

 

周りに異音や異臭などは感じられなかったので大丈夫だとは思っていましたが、ちょっと普通では考えられないことだったので、心配になってフロントに電話して状況を確認。
単なる誤作動なので問題ありませんとのことでしたが、こっちにとっては大問題。

いざとなったら彼女と布団を抱えて窓から飛び降りるしかないのかなとか、出来もしないことを考えてしまいました。

 

流れも雰囲気もあったものではないですね・・・。

こういう不測の事態にうまく対応できなかったのは、多分私に余裕がなかったからなのでしょうね。

 

仕切り直し~膣内の愛撫へ

yume_leg clit

緊張をほぐすことができないままではありましたが、それに加えて警報機が鳴り続けるハプニングのせいでものすごく現実に引き戻されたような感覚がありました。

彼女は最初からかなり緊張して固い状態だったので、ハプニングによってより良くない方向に変化があったかどうかは分かりませんが、きっと彼女も「何故よりによってこんなタイミングで警報が鳴るのだろう」とは思っていたでしょうね。

 

良い意味で非日常的な雰囲気が作れていたとは思いませんが、正直今までの時間が台無しだな~と思ってしまい、自分自身のメンタルもダメージを負いました。

弱っ。

 

ロスを取り戻すかのように、太腿や胸を愛撫しつつ、もう一度性器に触れていきました。

太ももの付け根やわき腹も少しくすぐるように撫で、その後は乳首とクリトリスを同時に愛撫して少し様子を見ていました。

 

息を漏らしかすかな声を出す彼女の秘部は、濡れて光沢を帯びていました。
(もっとも濡れることと感じることは同じではないのですが)

しばらく続けた後、人差し指をゆっくりと膣へと進めていきました。

 

そして指を挿れた瞬間・・・

 

完全に時間が止まって一瞬空間が凍り付いたようでした。

 

後で彼女が「自分でもそれが分かりました。」と言っていましたが、指を一本膣内に進めただけで、それ以前のわずかばかりの期待感や興奮が全て吹き飛び、緊張だけが指先から伝わってきました。

 

彼女はそれを自覚して

私も彼女が自覚しているのが伝わって

彼女もまた私の反応を理解して

良くない意味で心が通じ合いましたね(笑)

 

指を挿入するときは痛くならないように気を付けたつもりでしたし、別に入れた瞬間に痛みが走ったわけでもなかったと思います。

精神だけでなく膣内にも相当の緊張感があり、指を少し動かすと苦しくなってしまうようでした。

 

女性が中でイケないとか感じにくいといった場合は、大別すると2通りだと思います。(実際には同じ問題だとか、そういうのはなしですよ)

①気持ちが良いポイントが分からない
②痛みを感じてしまう

正直この時は最初に①の可能性を気にしてしまって、②の場合を先に考慮して最大限相手に配慮するという行為ができていなかったと思います。

 

相手から痛みを感じやすいとか、そういうヒントをもらわなくても常に2番の可能性を念頭に置いて、じっくりと進めていくべきなんでしょうね。
単純に焦らすとか時間をかけてほぐすというのではなく、相手が許容できる範囲を広げるように。

結局彼女の抵抗感を拭い去ることが出来なくて、一度休憩に入りました。

 

休憩と会話

休憩中に色々な話をしました。
ほとんどは他愛のない話で、依然として緊張感溢れる空間が出来上がっていました。

きっと相手への気遣いとか、コミュニケーションが不足していたし、むしろ自分の不手際で余計に緊張させてしまったのかもしれません。

私はもう少し続けてもらうつもりでしばらく同じソファーに腰かけて話していましたが、彼女はそもそも休憩後に再開するかどうかを悩んでいました。

 

「私自身の気持ちの問題だと思います」

この後も続けるかどうかということに対して
彼女はものすごく真剣に、というか深刻に悩んでいました。

 

私はそこには踏み込まないことにしました。
というか空気過ぎて何もできませんでした(´;ω;`)

 

どういう経緯で応募されたのかということも、もう少しだけ掘り下げて聞いてみました。
性感マッサージを体験しようと決めた理由はエッチなことで感じるようになりたいということでしたが、それについてもすごく真面目に考えていたようで・・・

 

「だってこの先の人生も長いし、こういうことに苦手意識があるのってイヤじゃないですか」とのこと。

・・・真面目か!

とか思ってしまいましたが・・・

 

彼女の話は笑い事ではなく、女性にとってエッチで気持ち良くなれないというのはその後の人生の満足度を左右する問題であるということです。
共感される女性もきっと多いことでしょう。

男性の場合はEDなどに置き換えてみると、気持ちがほんの少しわかるかもしれませんね。
このような悩みを持つ方の力になれないときが一番嫌になってしまう時ですね。

 

その後もまだものすごく壁を感じていたので、私からは世間話というよりは、あまり意味のない話もしていました。
一方の彼女は何を訊いてもしっかり考えて返答するタイプのようでした。
明後日の方向を見ながらですが(笑)

 

彼女の様子を見ながら、単純にどのように触れるかということだけではなく、快感に至るまでの過程を納得してもらいながらやっていくか、考えさせないように誘導するか、そういうこともきっちり考えるべきなのだろうなと思いました。

彼女には気が進まない感じもあるようだけれど、せっかくだしもう少し続けたい気持ちもあるようで、考え続けていました。

それにしてもこの時の彼女は本当に借りてきた猫のようでした。

 

人にエッチな体験を話したい願望

しばし考えた後、ゆめさんは口を開くと
「あ、体験してみた人と話してみたいかも。」と言うのです。

めちゃくちゃ唐突だったので、私としては「なんで?」という感じでした。

 

というのも、その時点で彼女がこの体験を通じて他人と共有したいと思えるような経験をできたようには思えなかったからです。

問題解決のための討論などを除けば、通常誰かと同じ話題で話をしたい、と感じる場合には大きく分けて2通りあると思います。

  1. ポジティブな感情を共有したい
  2. ある事柄に対する不満をぶつけ合いたい

満足させられていないだろうなという反面、大きな過失があったかというとそうでもないとも感じていたので、何故彼女がそう発言したのかな?と不思議に思いました。

 

しかもどちらかというと心のバリアーが強そうな彼女の口からそのような言葉が出るとは予想していなかったのです。

もっとも、彼女のこの発言は、男性が風俗について友人と語るようなものをさらにマイルドにした感じだったのかもしれません。

 

「あのお店の子が良かった」とか、「その店はこういうところがダメだ」「このプレイが良い」とかそういう情報交換兼他人の体験談を楽しむ、みたいなことがしたいのかも。

 

ちなみに、この時点でゆめさんはほぼ私と目を合わせていません。
へへっ、辛ぇや・・・(´;ω;`)

 

ですが・・・少しずつ本来の彼女らしい言動なのか、割とはっきりとモノを言うような傾向が見えてきて、個人的にはそれが嬉しかったです。

このしばしの間の雑談の後、彼女から「もう一度やってみる!」との言葉をもらえたので、再開することにしました。

 

胸をくすぐるようにマッサージ

本当はもう一度一から始めたいところですが、胸のマッサージ→足の付け根マッサージと進めていくことにしました。

なんとなく胸のマッサージは彼女が気に入っているような気がしたので・・・

今まで何だかシリアスな感じで記事を書いていますが、動画を見返すとおっぱい周辺を触る時にちょっとイタズラでくすぐりっぽく触ったりしてました。
この動画の男、ピリッとしないおふざけ野郎ですね、全く。

 

反応はそれほど大きくありませんが、途中からくすぐったさと気持ち良さが混ざり合ってきているのが見て取れます。
このときは胸を指でなぞるたびにずっと鳥肌が立っているような状態でした。
乳首の立ち方とかも最初とはかなり変わって、とても感度が良くなってきている気がします。

 

精神状態にしても、この時点では少しは打ち解けられているというか、それほど重苦しい雰囲気ではありません。

 

胸の感度はけっこう上がったのではないでしょうか。
休憩前は右側を重点的に触ってたのでちょっと偏りが生じたかもしれませんが。

 

膣内愛撫の再開と少しの変化

 

多少緊張が解けたこともあるかもしれませんが、彼女の反応を見ていると、中で気持ち良くなれない理由は開発度合いというよりは、結局は抵抗感の有無なのかなとも思いました。

だから、上記のように一般的に「ゆっくり」と言われるよりもさらに時間をかけて、慣らしながら違和感をなくしていくことが必要だったのかと思います。

最初からそう決めておけば良かったなと後悔しながら、小指から順にゆっくりと、時間をかけて指を入れて膣内をマッサージしていきました。

 

定石で言えばもっと脚や鼠径部の愛撫に時間をかけて指を入れる状態がピーク、というところに持って行くべきだったのかもしれません。

しかし意識させたり期待感を煽る手法ではかえって彼女を身構えさせてしまうのではないかとか、はっきり言って触れている私自身に迷いがある状態でした。

結論としては、最初から完全に考え方を変えて、彼女の膣内刺激への抵抗感を減らすことを今日の自分の目標にしようと(勝手に)決めました。

 

人差し指1本で膣内を柔らかくほぐしながら、少しずつ少しずつポイントを刺激するように、微振動を与えるような動きを交えていきました。

 

大体膣内が気持ち良い状態というのは、指を2本入れても痛みや違和感がなく、動かしても違和感を感じない状態だと思います。

また、指が2本入れば、膣内での刺激も大きくなるので、ついついそこに到達することを当面の目標に考えてしまいます。

 

しかし、十分に濡れていても指が2本入らない(入れると痛い)女性だっているわけで、やはりこちらの感覚だけで判断してはいけないですね。
今から思えばこのときのアプローチはとても稚拙だったと思います。

とにかく彼女の頭の中に浮かんでいるであろう「膣内を愛撫されること≒痛み」という図式を崩していくことだけ出来ればよいと思いました。

私にはそれぐらいしかできそうにないけれど、まずはYesを引き出すよりも、Noという気持ちを減らすことが今後に繋がると信じるのみ。

 

だがしかし

 

ここで2回目のハプニングがあり、再び室内にゴリゴリと独特な音のセキュリティアラートが鳴り響く。(しかもさっきより長時間)

廊下からドア越しにも避難を促す警笛の音が突き抜けてきます。

 

(#^ω^)ピキピキ

私は内心「台無しじゃないか・・・」と焦りと苛立ちを感じていました。

(今から思えば、こんな程度のハプニングにいちいち動揺せずに、むしろ状況を利用して相手の緊張をほぐしたりとか、上手く立ち回る方法があったように思います。)

 

しかし、意外なことにゆめさんはハプニングの最中も膣内の感覚に集中していたように見えました。
むしろ体験の中で最も反応が大きかったシーンかもしれません。
後で話を聞くと彼女自身もそう感じていたようです。

 

数分後、彼女からストップがかかり、ひとまず今回の体験はここで終了することに。
動きを大きくしたつもりはなかったのですが、少し痛みを感じてしまったのかもしれません。

何か納得するものがあったのか分かりませんが、「今日はここまでにしておく」ということで、必ずしも嫌になってしまったわけではないようでした。

 

少し良い傾向が見え始めているだけに残念でしたが、彼女の性質上、自分の中に芽生えた感覚をいったん整理する方が良いのかもしれません。

ちょっと休憩前に負担をかけてしまったのだと思いますし、もっと慎重に立ち回るなり、彼女自身のことを開示してもらうなりしなかったことも良くなかったと思います。
何にしてもこの日の私は良いところなしでした。

現実と反省

一応ゆめさんには何らかの手ごたえはあったようで、「多分(あなたが)思ってるよりもずっと気持ち良かったですよ」と言われました。
それが唯一の救いでしたが、私としては正直悔いの残る一日となりました。

ただ何かつかめそうなのであれば、それはそれで体験としては必ずしも悪い結果ではないのかもしれません。

 

エッチなことで気持ち良くなりたいと言われれば、中イキを目指してついその結果にこだわってしまうものですが、実際のところ女性は必ずしもイクことだけに重きを置いているわけではありません。
頭ではそれは分かっているのですが、やはりもっと分かりやすい気持ち良さを提供したかったですね。
(そしてそのことに関して彼女から「変に真面目ですね」というニュアンスのことを言われたような・・・)

 

この時の私は今よりもさらに未熟で、かなり短絡的なアプローチになってしまっていたし、性感マッサージ等もどこかコアになる部分を持たない作業のようになっていたのかもしれません。

気持ち良くなるとか、イクとか以前の問題で、私のコミュニケーション不足でした。
何となく相手に拒否されることを恐れて上手く動けなかったのだと思います。

 

これがリアルだし、
私が出来ることなど、本当に少ないです。

今はこの時よりは随分マシになったとは思っていますが、それでもきっとまた上手くいかないときがくるかもしれません。

当たり前のことですが、私ももっと相手に応じてアプローチを変えられるようにならなければいけません。

相手の性への悩みや、どう感じているか、今までの経験などについて、もっと本音で相手からの自己開示を促せるようにならなければいけません。

 

自分を見直すきっかけ

この日を境に私はもっと自分の振る舞いを変えないといけないな、レベルアップしないといけないなと思ったし、応募女性とのファーストコンタクトであるブログについても少しはきっちりしなければいけないと再認識しました。

 

諸々の理由から、未だに「もてる手段の全てを駆使して女性を気持ち良くさせる」というほど注力できてはいないのですが、それでもこの日とそれ以前では相手とのかかわり方も変わってきたと思います。

「できるけどやりたくないこと」と「できるしやってみても良いこと」があるのですが、後者はいくつかやってみることにしたとか。本当に些細なことなのですけどね。

 

この出来事こそ私が再度性感マッサージ及び性感開発の手順を再考するに至った契機であり、本来ならば新ブログの1回目にこの活動記録を持ってきたいと考えていました。

欲を言えば新ブログへ移行する前に彼女にもう一度チャンスをもらって、自分なりに変化を加えた性感開発をもう一度体験して欲しかった。

 

そして初回は前後編の2回に分けて更新したかった。
1回目の体験と2回目の体験で何が変わるかを見せたかったし、最初に自分の未熟さを見直すことのできる記事を書きたかったし、それを自分なりにどう克服していくかということも最初の課題にしたかった。

・・・のですが、そんなものは私の勝手な願望に過ぎず、現在に至るわけで(笑)

そんなこんなで記事にするのは遅くなりました。

 

こういった内容の記事を書くことについて、私は別に毎回望む結果を出すことにこだわってはいないし、上手くいかなかった体験だから隠したいとは思っていません。

ただ、「イケました」「イケませんでした」という単発の報告だけではあまりブログに書く意味がないと感じています。

1度目はダメでも何か考察すべき点が見つかったとか、2度目は改善点を考慮して進歩が見られたとか、そういうことを記事にしていきたいのです。

 

現状彼女との二回目でこの時の経験を活かすということは出来ていません。

しかし、このとき感じたことや変えようと思って実際に変更したことが、今のブログで応募女性と関わる時の基礎になっているのは間違いないです。

だから個人的には申し訳なかったという気持ちと共に感謝の気持ちもたくさんあります。

 

それでも未だにリベンジ・・・というか再挑戦したい想いは強いです。

私がリベンジしたいなと思う時は自分自身に改善点が多く見つかった時です。

必ずしも好みだとか、綺麗な人だからもう一度会いたいとか、そういう理由では言っていないです。

 

他意はなく、純粋にもっと気持ち良くなって欲しいし、満足してほしい。
ブログを読んでリスクを負って私に会ってくれる人に相応のものを返したい。
真剣に悩んでいそうな人であればあるほど。

そう思っています。

 

このブログを読んでくださる方にとっては、あまり見応えがなく大人しい記事になってしまいましたが、宣伝だけでなく自分の至らなかった経験やその時感じたことについて素直に書くのも「ブログ」だと思います。

 

でも、次の体験記事の更新はもう少し明るい感じで行きたいですね!

-女性のオーガズム

error: Content is protected !!

Copyright© オーガズム・ラボ , 2019 All Rights Reserved.