中イキ 女性のオーガズム

中イキして彼氏の要望に応えたい ゆず20歳

好きな人とのエッチで中イキしたい。
彼氏と一緒にイキたい。
けど、同時に彼氏のエッチが雑で痛いという悩みもある。

今回はそんな中イキへの期待と現状のエッチへの不満の両方を抱える女性との一日のお話です。

ゆずさんの応募動機

ゆずさんからの応募メッセージは画像の通り。

文字に起こすと以下の通りです。

彼氏とセックスするとき全然イクことが出来ません。今まで一回もないです。気持ちよくないわけではないのですが全然濡れてないのに入れられて痛いです。彼氏が好きなので一緒にイキたいと言う要望に応えるためにも挑戦してみたいと思いました。

しっかりと手順を守ってくれていましたが、応募動機そのものはとても簡潔です。
また別途記事をアップしようと思いますが、この手の動機の女性が良い結果を得られるかどうかは、女性自身の向き合い方に大きく左右されます。

また、やってみたいことについては・・・

中イキがやってみたいです。
あと拘束にも興味があります。

こんなことを言い出したら元も子もありませんが、中イキできるかどうか、そもそも出来そうかどうかは実際にお会いしてみなければ分かりません。
(中には会うまでもなく明らかにすぐには無理というケースもありますけどね。)

ちなみに彼女の「拘束にも興味がある」はちょっとSとかMとかと違う意味の興味だったのですが、それはこの後に書いておきますね。
Youtubeチャンネルのゆずさんの感想でも拘束についての話が聞けるので、エッチな動画よりも女性の感想に興味があるという方は、そちらをご覧ください。

「彼氏のためにイキたい」問題

幸か不幸か、ここ半年ほど「彼氏のために中イキしたい」という動機で連絡を取ってくれる方とは日程が合わなかったり、NGがあったりでお会いしていませんでした。

「誰かのために」という意識の女性とお会いした際はお互いに葛藤が多く、私自身もけっこう複雑な気持ちで相手に接することになるので、正直あまり好ましい動機だとは思っていません。

ですが、全て断るというのもまた何か違う気がしているので、このような動機の応募があった場合は、もう都合が合うか合わないか、要は縁があるか無いかの一点で判断するようにしています。

彼女にも、「彼氏のために」って気持ちが強いのであれば、もし私と会った結果かえって辛くなったりするかもしれませんよと念押ししましたが、体験してみたいという意思は固いようでした。

彼氏との関係を良くするために、中イキ出来るようになりたいという女性は少なくないように感じます。
(「出来る」って表現は少しおかしいのですけどね)

ある人は彼氏がイカせようと努力しているのに自分がイケないことをもどかしく感じたり、またある人は彼氏のセックス時の愛撫や振る舞いが自分とマッチしなくてイケない・辛いと感じたり。
今回の場合は後者寄りですが。

確かに女性が感じやすくなれば、相手とのエッチそのものが楽しくなるかもしれませんし、女性の反応が良いがために相手が前戯や後戯にかける時間も自然と長くなるかもしれません。

けれど女性が自分の感度を上げて、濡れやすくして、痛みを感じないようにして・・・と変な表現ですが自分の「受け」のレベルをMAXにして男性の勝手に耐えられるようになろうというのは、果たして良いことなんだろうかと考えてしまいます。

当日のキャンセルに不安がよぎるも・・・

実はその後、ゆずさんの体調不良でもともと予定していた体験の日はキャンセルになってしまいました。

何となく「キャンセルになりそうだな~」なんて思いながら電車に乗っていて、待ち合わせの駅の少し手前でキャンセルの連絡をもらったことを覚えています。

その時のやり取りで「もしまだ興味があるならリスケジュールしますし、そうでなくても構わないよ」と伝えました。
すると、彼女が「楽しみにしていたので、後日体験できるならしたい」と送ってくれて、それが私にとっては正直かなり意外でした。

というのも、私は彼女の応募動機等からあまり前向きそうじゃないし、もしかすると当日来たくなくなっちゃったのかな、と勘ぐってしまっていたので。
疑り深くてごめんなさいね。

そして後日、無事にリスケジュールした通り彼女と会うことが出来たのでした。

どうしてセックスするんだろう?

ゆずさんと待ち合わせて、ホテルへと。
私からすれば会う女性は大体そうなんですが、第一印象は「若い娘さん」って感じの方でした(笑)

口数が少なくてガチガチ・・・とまではいかないのかもしれないけど、緊張感と警戒感が伝わってきました。
警戒感強めで距離を取られるこの感じ・・・久しいぜ。

何が切欠で私のブログを読んでくれたのか尋ねてみると、友人との会話で「性感マッサージ」という言葉を知り「何だろうそれ?そんなものあるんだ・・・」と思って調べてみると行きついたのだそうです。

やっぱり女性同士ってエッチな話するんですね・・・。
ざっくばらんに話が出来る友人がいるのは羨ましいですが、あんまり自分から身バレに繋がるようなことは言ってはいけませんよ。

「性感マッサージ」で調べてくれるということは、気持ち良くなること自体に興味が無いわけではないのかと思ったのですが・・・

彼女はそもそもエッチなことについても男性とお付き合いするまでは「どうしてそんなことするんだろう」「あり得ない」と思っていたようで、元々は性的なことに対して抵抗感・若干の嫌悪感があったみたいです。

ブログには掲載していませんが、今まで私がお会いした女性の中には、根本的にエッチなことに対しての興味が湧かないという方もいました。
(今風に言うとアセクシャルってやつかな。)
興味はないし考えることも億劫だけれど、パートナーとの関係上エッチが苦手でいたくはない、という人もいるのです。

言うまでもない事ですが、私にも、エッチな事にも、自分自身の快感にも興味が無いという方に対しては、私は何もできません。

ですが、興味が湧かないと言っても

  • 興味が「湧かない」のか「無い」のか、
  • 興味があることに「気づけない」のか、
  • 湧き上がる感情を強力なストッパーが阻害しているのか、
  • 実感が先に必要でその後興味が湧いてくるのか、

それが本当は何なのか、最初は私にも女性にも分からないのです。

いずれの場合においても、その気持ちをどのように帰結させるべきなのか、そこに教科書的な正解はありません。

ただ、一つだけ言えることがあるとすれば、私にとっては彼女の自発性と探求心が表出することをサポートするのが最も肝心だという事。
たとえそれがささやかなものであったとしても。

だから、この体験で彼女が少しでもエッチな事に対してポジティブなイメージを残してくれると嬉しいなと考えていました。

勝手にドM認定は甘えた男の願望です

一応拘束に興味があるということだったので、改めてその点について尋ねてみると、「別に拘束を体験してみたいとか、M的な願望があるというわけではない」と言っていました。

ただ単純にそういうのが好きな人もいるんだな~という興味を持った感じだそうです。
彼女自身まだエッチに対して何が好みだとか、何が嫌だという明確な区分が生まれていないからこそ、SNチックなプレイに対しても「こういうプレイもあるんだ」とニュートラルに受け止めたのでしょうか。

ちなみに彼女は「ドMでしょ?」などと異性から言われて不愉快に感じることもあるのだそうです。
りょうさんの記事ではSっぽく見られてM性を解放できないという悩みがテーマになっていましたが、それとは逆ですね。

大抵の場合肌を合わせて親密になったわけでもない男が女性に「ドMでしょ?」などと言うのは、「その人にドMであってほしい」という男の勝手な妄想からの甘えた願望だと解釈して良いと思いますよ。
まぁ、女性としては男性の「ああしたい」「こうしたい」を自分のせいにして合理化されると困りますよね。

また、比較的あどけない顔立ちとそれに反して胸が大きいことを「ロリ巨乳」とからかわれることもあったそうです。
「失礼ですよね!」と怒る彼女。

彼女自身は気づいていませんが、多分それはその男性がどうにかして貴女と関係を持ちたくて言っているのだと思いますよ。

そんな感じで軽く話をしていましたが、ほどよく緊張も解けてきた気がしたので入浴を勧めました。
彼女が浴室へと入って行く際に、別に一緒に入ろうとも近寄ろうともしていないのに、両手でグイグイ押されて遠ざけられてしまいました(笑)
とにかく警戒感バリバリで前途多難な感じが印象深かったです(笑)

背面の性感マッサージ

簡単な深呼吸で少しだけ緊張を取り除いてから、足先に触れてマッサージを開始。

実は入浴前の雑談であまりくすぐったい感じで触られるのが得意じゃないと言っていたので、触れていくにあたってくすぐったさに焦点が当たらないようにいけばよいなと考えていました。

最初に脚に触れるとピクンと小さく反応していたので、ちょっとどっちかな?って思いましたが、悪い反応ではないように感じていました。

そのままくるぶし、ふくらはぎ、太腿と順に触れていき、指先が脚の付け根に触れると彼女の身体はほんの小さく跳ねました。

それはくすぐったさではなくきっと気持ち良さなのだろうと見ていました。
ただその一方で彼女には感じ始めていることを隠したい気持ちもあるのではないかなって思っていました。

彼女のような動機で私と会ってくれる女性には「感じる体になりたいけど、今この瞬間他人の手では感じたくない」という独特の慣性を感じることがあって、彼女の反応がそういった抵抗感なのか、恥ずかしさなのか、私の考え違いなのか分からないでいました。

とはいえまだやっているのは性感の部分ではなく普通のオイルマッサージ。
多少なりともリラックスしてもらうつもりで脚全体を押圧して流していくのですが、太腿の筋肉がかなり強張っているように感じました。
普段座位の時間が多く、座っている時も身体の後ろ側に負担がかかる姿勢を取っている可能性があるので、もし心当たりがあったら少し気を付けて下さいね。

背中全体を撫でている時に、左右の足の親指をクロスして足先に力を入れながら我慢しているのが可愛らしかったです。

しばらくの間太ももに重点的に触れた後で、今度は四つん這いの姿勢になってもらい、鼠径部周辺に触れていきました。

最初はこのポーズを取るのも少しぎこちない様子でしたが、次第にしっかりと背中を反らせてお尻を突き上げることが出来るようになりました。

・・・というよりは私が下から撫で上げるように触れていたので、お尻をビクンと上に持ち上げて反応してしまった結果、より恥ずかしい格好になってしまったというべきかもしれません。

ここまでの愛撫で身体に火がついて少しずつ興奮が高まっているように感じていましたが、お尻から性器周辺にかけて指でなぞると、その気持ちの高まりが抑えられない声となって漏れだしたようでした。

胸周辺の性感マッサージ

再び仰向けの姿勢で脚→腰→お腹→胸とラインをなぞっていきます。
ピクンと反応していて、くすぐったさとは別の感覚を捉えられているように思いました。

また、お腹以外を愛撫している時にでもお腹が良く動くのはとても良い事です。

腰から胸のラインに向かうときに、腕もいやらしく触ってみたり・・・。

本当はもっとしつこく責めたいところだったのですが、ちょっと体勢的にきつかったので、それはまたの機会ということで。

実はこの時、少し彼女のシグナルを読みあぐねていました。
というか、彼女の中に芽生える快感への意識と、それに戸惑い抑えようとする理性との間で彼女が迷っているように見えていました。
実際はどのように感じていたのか、私には知りようはないのですけどね。

彼女の反応を見て、普段はあまりしないのですが、今回は比較的リードしつつ相手を自発的に動かすようなスタイルを取っていました。
リード何て言うと偉そうですが、実際はそんな大したことではないのですけどね(笑)

押し付け過ぎず、彼女が感じるままに快感を膨らませていきたかったのです。

彼女の反応を見ていると、Mとまではいかないまでも、ちょっと意地悪されるのは嫌いではないのかな?と思いました。
というよりは多少の意地悪は許してノッてあげるって感じなのかな?

どちらにせよ、素直で大らかなのは良いことだと思います。
ボク、色々しても許してくれる女性が好きなので(笑)

中イキの快感を捉え始める

それから彼女の反応を見つつ、ゆっくりと彼女の秘部へと指を進めていきました。

私の指が彼女の中に入って行くのを拒まれることはなく、痛みではなく快感を得ているように見受けられました。

彼女の反応としてとても印象的だったのは、指を引き抜くときに一際感じてしまうところです。
膣内から挿入物が引き抜かれる度に快感が弾けるみたいで、中で刺激を続けた後にそっと指を抜くと、体を反らして気持ち良さを味わっていました。

素直にめっちゃ良い反応だな~と思いました(笑)

鼠径部周辺を愛撫している時から、膣口周辺が感じやすいように見受けられていたので、この反応にも何となく納得しました。

そして繰り返し小さな刺激を伝えていくとともに、あんまりエッチなことに対して知識が無いのを良いことに、さり気なく快感の捉え方を教えていきました。

少し刺激を強めても、止めても、しっかりと快感を拾い上げることが出来るようになっていき、次第に膨らむ快感と共に身体をよじらせてオーガズムに至る感覚を身につけてくれました。

途中少し彼女の手を握っていたのですが、彼女が中イキするときに結構激しく体を捻るので、彼女の反応が大きくなってきたタイミングでは腕を傷めないように手を添えるだけにしていました。

動画のワンシーンはまだ快感の受け取り方が分かり始めた段階ですが、それでも大きく体を反らしてしまうので、指先だけ合わすようにして手を添えています。

ふわりと達する感覚を何度か通過すると、今度は快感の波が大きくなると自然と膣を締めつけて気持ち良さが高まっていく感覚が身についてきたようで、イクときの快感の味わい方も一段階深まったように感じました。

その後は耳に軽くキスするだけで身体をビクビクさせて声を上げてしまったりして、全身で気持ち良くなれることに気づけたんじゃないかなと思います。
というか実はその時の反応が一番大きかったですね。

とりあえず彼女の今回の成果(?)としては、

①全体性でイクということ

②ある程度ピンポイントで感じる場所や感じる動作を意識すること 

が出来たのではないかなと考えています。

快感にしてもまだ先がありますし、それ以上に膣の柔軟さもさらに向上させていくことが大切かなと思いました。
とりあえず中イキするぐらいならもう何度も出来ているし、これからも何度も出来ると思いますので、気持ちの充実したエッチが出来るように愉しんでいってもらいたいです。

一方で、多分無意識にしているのだと思いますが、膣内への侵入に対して少し固くなる気がしています。
刺激に反応して締まるのとはまた別の、緊張を示した反応です。

今回ぐらい慎重に触れれば大丈夫なようでしたが、まだ中に触れられることそのものにあまり慣れていないからかもしれませんね。
それが今まで痛みを経験して反射的に出てしまっているものでなければ良いのですが・・・。

どちらにせよ彼女はおそらく自覚しているよりもさらに少しデリケートだと思います。
以前にるなさんの記事でも言及しましたが、本人にその自覚があるかないかは別として、性生活の初期において痛みや辛さを感じやすいタイプの方だと思いました。

だから少しずつエッチって気持ち良いな、悪くないなって思えるような良い経験を積んで、気持ち良さを深めるのと同時に自分の身体の状態とか許容範囲を掴んでいってほしいと願っています。

後手縛りは「頭が良い」方法!?

さて、何度も中イキして、耳でもイッてしまう状態になったので、彼女としては目標を達成した形ではあります。

ただ、せっかく少しは興味を持ってくれているみたいなので、緊縛プレイにもお付き合いいただきました。

麻縄の感触がどのようなものか、どういう風に縛っているかとか、どういう風にプレイに使っているかということを簡単に説明しました。

私はこの説明の際によく手首を縛ってみて、そのまま手を後ろにやって「脇晒し」の状態にして「こうやって抵抗できない状態にして胸とか脇を触って虐めます」なんて説明するのですが・・・

彼女は「なるほど!頭良い!」と一言。
私は「え、そこ?」と思いましたが、プレイじゃなくて手段としての縛りに感心する彼女の感性が面白いなと思いました。


なんか、そういう観点で物事を捉えること自体が賢いな~って思っちゃいます。
体験してくれる女性は皆、自分とは違った視点で反応してくれるのでとても楽しいです。

ところで、私はこんな風に女性を縛る時は背後から縄を回して全く前面を見ずに縛るのですが、そのせいで縛りが歪になることが多いです。
ただでさえきつく縛ることを怖がってしまうのだから、せめてもっと上手に出来るようにならないといけませんね。

お腹に触れると快感が弾ける

緊縛された女性って美しいです。
個人的には縛られた二の腕の肉感もすごく好き。
もっと美しく縛れたなら、女性の持つ美しさをさらに引き出せるのかな。

耳や首筋、強調された胸に順番に触れていくと、小さく体を震わせて感じてしまいます。
乳首をいじるだけで達してしまう身体になってるという事実がエロい。

途中からそっとお腹に手を添えながら体を引き寄せると、もう動かさなくても体を震わせる温かい快感が湧き上がってくるようです。

「どうしてお腹に触れられてるだけでこんなにビクビクしちゃうの?」って訊くと

「わっ・・・かんない!」
と身体を震わせながら答える彼女。

ちょっと怒らせちゃいましたかね?(笑)

この様子はなた別の記事で公開しようかな。
もしくはこちらに追加するので、興味のある女性はしばしお待ちいただきたい。

ところで、私は多くの場合SMチックな事は小さな快感を意識して絶頂感に浸ることが出来るようになってから挑戦したほうが楽しめると考えています。
そうすればもっと気持ち良い経験になるからです。

例えば彼女のように必ずしも緊縛や拘束に惹かれていなくても、縛りを解く時に肌をくすぐる縄の感触が身体を愛撫しているように感じたり・・・

そういう拡張性をもってプレイすると楽しいと思いませんか?
特別好きではない拘束・緊縛であっても、違ったタイプの快感を得られるプレイの1つだと認識できると、もっと好意的に捉えられるかもしれません。

ゆずさんは拘束プレイを「別に好きってことはない」ようでしたが、後ほど詳しく感想を聞いてると「いや、それ緊縛とか拘束好きな人の感想やん」と思ってしまいました(笑)

別に精神的にMじゃなくても縛られるのが好きって人もいますし、ノーマルなのに特定の人の前ではMになるって人もいます。
彼女は別に嫌いってわけではない、ってところに落ち着いたけど、今後興味が湧いたら安全に楽しめるようにすると良いんじゃないかな。

ゆずさんの感想

ゆずさんの感想は、後にオーガズム・ラボ史に残る爆笑インタビューその1です(笑)
別に第三者が見て面白いことを言っているわけではありませんが。

彼女が笑いそうになっているのを見て私もつられて笑いそうになって、すると画面外で私が笑いを堪えているのが彼女の笑いを誘って・・・の繰り返しで二人してケラケラ笑いながらのインタビューになりました。

こんなことは初めてでしたね(笑)

途中彼女から「こんなグダグダで大丈夫ですか?」なんて訊かれましたが、まぁインタビューがにこやかなのは良いことなのではないですか?(笑)

体験してみてどうですか?という問いに対しては、最初は不安があったけど、話しているうちに不安や緊張がほぐれて、リラックスして時間を過ごすことが出来たとのことです。

性感マッサージではどこを触られるマッサージが良かったですか?と訊くと、「・・・背中?」と疑問形で返してくれました(笑)
実はあんまりちゃんと覚えてくれていなかったみたいで、若干ショック(笑)

けどそれは悪い意味ではなくて、マッサージは全体を通してふわふわと気持ち良い感覚があったので、特定のパートだけが突き抜けていたという感覚は無かったという意味らしいです。

最初にお腹に触れられた時などは、「何でそんなところ触ってるんだろう?」って不思議に思っていたようです。
でも次第に手の温かさが伝わって、ふわふわと気持ち良い感覚に浸ることが出来たみたいですね。

(※本当は「中に触られたときはどうでしたか?」と訊いたつもりなのですが、私の活舌が悪くて多分「お腹触られたときはどうでしたか?」って質問したと思われたみたいです。)

ちなみに何度も書いておきますが、この「お腹に手を置くと気持ち良い」というのはいわゆる「体外式ポルチオ」とは別物です。
意図していることも違うし技術的にも違います。

インタビューは動画の通り終始和気あいあいとした感じになりました。

私は彼女の応募動機などから、どっちかというと悲しい結果に終わるんじゃないかなって不安に思っていました。
けど、最後はたくさん笑ってくれて純粋に嬉しかったです。

終わりに

貴女が相手に合わせる努力をすることも大事なことかもしれない。
けれどエッチはお互いの距離を縮めるコミュニケーション方法の1つでもあります。それ故にエッチはどちらかだけが多大な努力を要して上手くいくものではないと思っています。

今回、彼女は体験を通じて快感の受け取り方や中イキの感覚を身につけてくれたし、エッチに対しても少し良いものだと思ってもらえたように感じます。

少なくとも彼女に原因があって中イキ出来なかったわけでもないということは分かったと思います。

今後体験を通じて気づいた感覚や、自分自身の快感を捉えるセンスをどのように活用するかは彼女次第です。

本当に中イキ出来るようになれば相手との関係が改善するのであれば、それはそれで良いし、逆にエッチでの気持ち良さに気づいたことで悩むこともあるかもしれません。

依然として相手とのセックスに違和感があるなら、その違和感に恐れず向き合っていくことはやってみて損しないと思いますよ。

他者との関係で悩むことがあったとしても、少なくとも私は「貴女が良く在ること」が一番大事だと思っています。これがゆずさんだけではなく、同じような悩みや動機を持つ女性に向けて私から言える事です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イツーキー

女性の快感絶頂に迫るブログ「オーガズム・ラボ」管理人のサドハライツキです。 大阪を中心に中イキ開発、ソフトSM・緊縛、女性用性感マッサージを希望する女性に体験してもらう活動を数年間続けています。また、女性が快感を得るためのコツ、性交痛を始めとした性の悩みを解決するためのコラムなども随時公開しています。 女性の皆様、是非ゆっくりと当ブログをご覧ください。

貴女へのオススメ

virtuous cycle of pleasure 1

この記事では個人的に女性にオススメする一人エッチの方法を書いていこうと思います。 あくまで個人的なオススメ方法であり、かつ表面的な内容です。 今後加筆修正の余地も大いにありますので、その点も予めご了承 ...

the trap of masturbation 2

こちらの記事では主に女性が中イキを目指して自己開発を行う際のデメリット、厳密にはデメリットというよりも、女性が中イキ自己開発を試みた際に陥りやすいであろう状況について簡単に解説した記事になります。 だ ...

3

今回はワギニスムスという症状についてお話します。 その上で克服法について少しだけ紹介させていただこうと思います。   少し前の記事で精神的要因や病気を除くと痛みには主に摩擦によるもの、柔軟性 ...

4

中イキしたい、女性用性感マッサージを体験したいという希望の他に、緊縛されてみたい、拘束されて責められたいという希望も寄せられます。 緊縛は気持ち良いのか。緊縛されたり拘束されて興奮することは珍しい事な ...

5

以前に女性にオススメの中イキ自己開発法の記事を書きました。 その記事では快感を感じ取りやすくするためのヒントと一人エッチを組み合わせて紹介しました。 そしてその中で小さな快感・ゾワゾワっとした気持ち良 ...

-中イキ, 女性のオーガズム

error: Content is protected !!