女性の快感に迫るブログ 女性用性感マッサージ、中イキ、SM、拘束、ラブグッズetc.

オーガズム・ラボ

中イキ 女性のオーガズム

膣内の感度を上げてエッチへの苦手意識を克服したい とも 26歳

更新日:

エッチの経験はあるけど、楽しめたことはない。
それどころか気持ち良くなれずにパートナーとの関係がギクシャクしてしまう・・・そのような女性は実は少なくありません。

今回応募してくれたともさんも同じ悩みを抱えていました。

彼女が性感マッサージ体験を希望した理由

応募女性のメール文章

上の画像がともさんから頂いたメールです。

毎回載せるかは別として、このようにして応募者の女性がどのような動機で性感マッサージ等を体験に来られるのかを見せていこうと思います。

 

少し画像だと見辛いので文字に起こしますと以下の通りです。

 

・希望理由

これまで3人の方とセックスしたことがありますが、最後までいったこともないですし、それほど気持ちいいと思ったことがありません。
友達は何度かやったらだんだんよくなると言いますが、これまでの相手も経験があまりないみたいで、挑戦するたびにお互い上手くいかず気持ちが冷めてしまいますし、次第に敬遠するようになってしまいました。
今回、性感マッサージを体験することで、セックスに対するイメージや苦手意識を改善できたらなと思い申し込みをしました。

 

整理された分かりやすい文章ですが、一方でエッチに期待しつつ上手く行かなかったという心情が読み取れるように思います。

彼女の希望理由は多くの女性に共感され得るものではないでしょうか?

 

ちなみにやってみたいことは次のように書かれていました。

・やってみたいこと、NG等
まずは胸とか中が気持ちいいと思えるようになれたらと思います。あとは大人の玩具も興味があります。
ローターとかは使ったことありますが、それで気持ちいいけれどイクまではいかなかったです。
NGは特にないです。男の人も何したら気持ちいいのか知れたらいいなと思います。

 

私はメールのやり取りで彼女からとても丁寧な印象を受けるとともに、かなり悩んでいるのかなというイメージを持っていました。

また、お仕事がとても忙しくタイトなスケジュールの合間に体験されるようなので、疲労感などがどう影響するかなど色々と考えていました。

 

結果としてはスケジュールを調整して無事にお会いすることが出来たのですが、彼女曰く待ち合わせで合うまでが一番緊張するそうです。

多分彼女に限らず、大体の人がそうだと思います。
かくいう私もかなり緊張しています。

今回は緊張だけではなく、新しく変更したことを上手く活かそうという意気込みもありましたが。

 

オイルマッサージで濡れて感じる

tomo-leg-massage

リラックス誘導を済ませ、足先からオイルマッサージで身体を癒しつつ性感を高めていきます。
オイルなどが多少ついても良い下着を持参してくれていたので、途中までは下着姿でマッサージをしました。

今回からの変更その1として、今までは脚のマッサージをパーツごとに細かく分断していたのですが、いくつかのマッサージを一連の流れで行うようにして、その分脚全体のマッサージの時間を長くしました。

脚→腰までは下着を着用してもらっていたのですが、その後はお尻や背中のマッサージがあるので脱いでいただくことに。

ものすごく濡れていて、パンツを下すと透明な愛液が糸を引いていました。
ローションを垂らしたかのような見事な濡れ具合でしたが、後で聞くと本人には自覚がなかったそうです。

実は女性って自分の性器の感覚をしっかりと分かっているわけではないんですよね。
もちろん分かっている人もいるけど、そうじゃない人もとても多いです。
特に性的経験が少なかったり、自慰をしない人であれば自分の性器への意識はそれほど強くないのかもしれません。

膣トレが一部女性の間でブームかもしれませんが、膣トレは筋力を鍛えるだけではなくて、膣内に意識を向ける練習でもあるのだと私は考えています。

最低限の骨盤底筋・膣括約筋があるのであれば、筋力の強弱よりも意識の有無の方が中での快感に深く関わっていると思います。

 

性感帯を刺激する手つきでマッサージ

一通り軽いマッサージを終えたら、タッチに変化を加えた性感マッサージに移行していきました。

とても素直な反応で、背中や脚をなぞるたびにゾクゾクとした感覚を感じていたようです。

 

あと最初からかなり胸が感じるみたいで、乳首だけではなく乳腺刺激でもかなり鳥肌を立てて気持ちよさそうにしていました。

ファーストタッチからくすぐったいだけではなくて気持ち良いんだな~というのが何となく伝わってきたので、感度がより高まるように乳房の周りをしっかり撫でてマッサージしました。

確たる根拠などはありませんが、多分胸が気持ち良い人って本来は膣内の感度も既に良いのではないかなと思うのです。

では何故中が気持ち良くなくて胸は感じるという人が少なからずいるかと言うと、やはり今までの経験や何らかの理由で膣内への刺激=痛い、きついorよく分からないという紐づけが脳内で完了しつつあるからなのではないかと思います。

その後は鼠径部やクリトリス周辺などを触って性感を高めるようにしました。

彼女が私の手が温かいのが心地良いと言うので、両手で愛撫するだけではなく、じっと温めるように手を身体に添えたりしていました。

 

指責めで性感開発

 

tomo-clit-massage

少し入口が小さいような印象も受けましたが、十分に濡れていたので指を入れること自体は何ら問題ありませんでした。

 

ただ緊張している感じはありましたし、膣壁に指を圧迫される感覚が強かったです。
それはそうと、ともさん全体的にツルツルで、アソコもほぼパイパンで綺麗でした。

 

しばらくは指1本で膣内を探りつつほぐしていきました。
いきなり「ここぞ!」というポイントは無かったのですが、Gスポットへの刺激は徐々に感じてきていたようなので、後は指2本で刺激して気持ち良いところまでいければなと思いました。

ちょっときついかな、辛いかな~という気もしたのですが、気を付けて挿入したので痛みはまるでなかったそうです。

繰り返し刺激する中で少し他と違うかなと思うポイントを見つけて、そこと膣上部を交互に刺激して様子を見ました。
しかし、軽くイキそうでイケない、ちょっと快感が突き抜けないような状態が続きました。

 

感度上昇と休憩のタイミング

一度休憩をはさんで水分補給等を済ましてから再度膣内の性感開発に取り掛かろうと思い、ストップするタイミングを計っていました。

休憩前と休憩後では女性の感じ方がまるで変るので、それを期待していたわけです。

それは多分単純に緊張が解けて心理的バリアーが弱くなることと、休憩前に受けた膣内の刺激を脳が理解するというか、どういう感覚か頭の中で整理して飲み込む時間をとることで変化が表れるのだと思います。

 

しかし、膣内を刺激し続ける度に微妙に感度が上昇していくのが見て取れて、もう少し、もう少しと長く続けてしまいました。

しばらく続けた後でさすがに一度間を置くべきだと思い、休憩を取りました。
幸いにも彼女は体が熱いという感覚はあったようですが、疲労困憊というわけではないようでした。

この時点では何かもう少しでイケそうな感じがするな~という印象でした。

 

また、休憩中にも膣内の感覚の話が少し出ました。
例えば男性から「こっちとあっち、どっちを触られるのが気持ち良い?」って聞かれたとしても、あまりどこを触られているかという違いがはっきり分からないというのです。

 

男性が指で探っている感覚ほど、女性の側は正確に上下左右を把握しているわけではないということですね。
逆に言えばそれがはっきり分かるということは、膣内の感覚がかなり明確になっていて、かつ意識も集中できる状態だということでしょう。

ただ、やはり何か違うな~と思うポイントは女性の側も感じるものがあるらしくて、比較的感じるところとそれ以外という感覚なのかもしれません。

 

性感開発再開と初中イキ

tomo-nipple-clit
休憩してからまた中イキへ挑戦。

リラックスしたのか、自分はエッチなことで感じにくいという固定観念が薄れたのか、体を優しく指でなぞるだけでそれまで以上に十分に感じているようでした。

そして膣内に指を入れてしばらく愛撫を続けていると、ある時点で明らかに彼女の感じ方が変わりました。
このような快感の転換点を見つけたら、後は女性に快感を溜めさせてあげるだけです。

先ほどまでも足先や下半身に相当な力が入っていたのは気づいていましたが、それと比較にならないほど全身に力がこもっているのが見て取れました。

顔も次第に紅潮し、枕を握りしめ、完全に体がイク準備を始めているのが分かりました。
ペースは特に変えず、緊張が解放されるまでじっくり指での愛撫を続けました。


この動画で最初に体が小さく跳ねているのが初中イキの瞬間です。

ちょっとこの動画では分かりづらいのですが、私の視点から見ると体が弓なりに反って絶頂に達した様子がよく分かりました。
最初にイクまでは快感は感じるけど昇りつめた経験がないので「気持ち良いけど辛い」という感覚だったと思います。

多分さすがにイク感覚がおぼろげながら分かっただろうなと思いつつ、確実に意識してほしいので続けて刺激しています。スパルタ。

2回イッた後、彼女が愛撫を制止するために伸ばした手をしっかり掴んでもう一度中イキしてもらいます。サービス。

ところで、何故このアングルで撮影しているかと言うと、ちょっと配分ミスで電池がなくなったので充電しながら撮影したため限定された角度でしか撮れませんでした。

この角度だとあまり体の力の入り様だとか、筋肉の動きが分からないのですが、仕方がありませんね。

ちなみにやはり休憩前は気持ち良いし何だかイキそう?な感覚は分かるかもしれないけど、一つ壁がある感じだったそうです。
お互いその感覚は共有できていましたね。

一方で連続中イキしてからは指が入っているだけでもう気持ち良くて、動かされるとさらに気持ち良いという状態だったそうです。
うれしい発言ですね(*^_^*)

身体に火がつくとはよく言ったもので、数回中イキした後の彼女の身体と膣内はとても熱く、抱いていると溶けるのではないかと思うほどでした。

私が彼女の身体がとても温かく、むしろ熱いほどだと話すと「冷え性な私がそんなに温かくなるなんて」と驚いていました。
エッチなことすると体に良いのかもしれませんね。

 

体外式ポルチオ性感を少し体験

tomo-external-portio

多分もっと深い所でもイケるな~という感じがしたので、導入程度に体外式ポルチオ刺激をしてみました。個人的な感覚ですが、文字通り女性の膣内がトロトロになっている状態だと、外からの刺激でも膣内で気持ち良さを感じられる気がします。

とはいえ内心そんなに気持ち良いとは感じないかなと思っていたのですが、刺激するとどこか嬉しそうにしているように見えました。

体外式ポルチオの刺激は、中がキュンとなる感覚だそうです。

 

初めて中イキしたときは快感に追い詰められているような、どことなく切迫した感じだったのに対して、体外式ポルチオ刺激はどこか幸せなような、安心するような感覚があるそうです。

ただ、この時点ではまだ感覚はそれほど強くないので、おへその下あたりを「揺らす」よりも「押される、突かれる」ぐらいの強さで刺激して膣内へ快感が届くという状態でした。

少し繰り返すと、優しい快感ではあるものの「このまま続けられたら、もしかするとイッちゃうかも」と言っていました。
「何か変態っぽくてイヤかも(笑)」とも言っていましたが。

 

個人的に印象深く感じたのは「体外式ポルチオの刺激は幸福感があって、疲れる感じがしない」という彼女の言葉です。
おそらく体外式に限らずポルチオ性感で振動を快感に変換すると、じんわりした気持ち良さが得られるということでしょう。
気持ち良いのに疲れないとか、最強ですね。

 

逆に疲れる快感、痺れるような気持ち良さが癖になる人は連続クリイキとか、そういう鋭い快感の方が好きなのかもしれないですね。

多分開発しようという意思を持って続ければお腹を揺らすだけでイケるようになったとは思いますが、時間も押していましたし負担もかかるかなと思ってそれまでにしておきました。

 

快感による体の変化、意識の変化

 

マッサージの過程で濡れていることも気づかなかったし、どこを触られているかはっきり分からないと言っていましたが、どこが気持ち良いかは一度中でイッてからは明確に分かると言っていました。

 

快感を得ることで膣内への意識が明確になったのかもしれませんし、逆に中に次第に意識が集中して絶頂に達したのかもしれませんが、1つだけ言えるであろうことは性的に未開発な状態≒膣への意識が少ない状態だということでしょう。

換言すれば、膣内への意識が強くなる、女性自身が中をどのように触られているか分かるとか、どこが特別気持ち良いなどが分かるようになれば、深度の差はあれ度ほぼ中イキ出来たようなものなのかもしれません。

また、一度中イキして、さらに体外式ポルチオ刺激も気持ち良いと思えるようになった彼女の膣内の状態はそれまでとは大きく異なっていました。

熱く、柔らかく、潤いがあり、さらに空間がある、といった感じでした。
一度このような状態になると、よほどのことがなければ痛みは感じないですし、膣上部のGスポット以外の箇所でも快感を得られるようになるようです。

快感によって体は変わるし、意識によっても体は変わる。

その逆もしかり。
そういうことなのでしょうね。

 

時間をかけることが重要

実は彼女が新しい性感マッサージの手順に変更してからの最初の体験者でした。

なのでそれ以前との比較をしてもらうことは出来ませんでしたが、イク感覚が分からず、エッチなことに苦手意識を持ちつつあるともさんに気持ち良くなってもらえたことで、まぁ変更には良い効果があったのかなと思います。

あと今更ながら膣内を刺激するときに(心構え的な意味で)こうすべきだなみたいなことも少し分かったので、それも勉強になりました。

それにしても、結局私の力では性感開発の成果は女性がどれだけ根気良く付き合ってくれるかどうかでしかないということも良く分かった気がします。

 

実は今回の体験は今までで最長でした。
体外式ポルチオ開発は時間の都合もあって止めておいたと書きましたが、その後も何だかんだで色々していたので、結局かなり長時間ホテルにいました。

準備時間等を省いた実際の性感マッサージ~性感開発は4時間ぐらいかかっていて、いずれにせよともさんが長い時間付き合ってくれたからこそ中イキ出来たのですね。

 

彼女の根気良さがあったからこその結果です。

別に毎回こんなに時間がかかるわけではないですが、半日私にくれてやろうという気持ちでいてくれると大変ありがたいです。

 

ともさんの感想

中イキの感覚は分かったのかな~ぐらいに話していますが、実際にはもう完全に分かっていると思います。

というのも、終盤の彼女はこれイキそうだなという感覚を感じ始めたら、「ちょっと・・・」と私を制止するようなアクションを取っていたので。

 

個人的に驚いたのは、私が「もし友人が同じような悩みを持っていたら、こういうブログを紹介したりする?」という質問に対して、「するかもしれない」と回答していたこと。彼女だけではなく他の女性の話も聞いていると、本当に信頼のおける友達にはエッチの話、性の悩みなどを打ち明けるという人が意外にも少なくないようですね。

 

ところで、感想は体験された女性のご厚意で撮影しているものなので、毎回絶対に感想を述べなければいけないわけでもなければ、毎回必ずお願いしているものでもないです。
けど、できれば応じていただきたいですね。

 

体験を希望される方はコチラから。
興味を持った方はQ&Aなどを読んでみて下さい。

-中イキ, 女性のオーガズム

error: Content is protected !!

Copyright© オーガズム・ラボ , 2018 All Rights Reserved.