中イキ 女性のオーガズム

「支配されないセックス」を知る りお27歳

誰かに支配されていたい、自分の身体が思い通りに動かせないような状態に興奮を覚える。

それは純粋な性癖としての被支配欲なのか、それとも今までの人生を通じて得た観念から生じたものなのか。

 

さて、今回は「支配されたい願望」を持った女性との一日のお話です。
彼女はその願望を満たすことが出来たのでしょうか。

 

りおさんの応募動機

りおさんからいただいた応募メッセージは画像の通り。

 

文字に起こすと以下の通りです。

 

はじめまして。
性感マッサージってなんだろう?気持ちよくなれるのかな?…と言う少しの興味からこのブログを見つけました。セックスは気持ちいいし、好きで興味があります。でもイったことがないのでイク感覚がどんなものなのか知りたいです。
身体を開発してもらえることに興味があることと、もし出来るなら嫌と言うほどイってみたいM気質があるのだと思います。欲張りですみません。性感マッサージして欲しいです。あと、少し恥ずかしいのですが、いつからか身体を拘束される事にとても興奮している事に気がつきました。玩具にも興味あります。記事の体験者の方たちが本当に気持ちよさそうなのが伝わってきて、私も体験してみたいと思うようになり、連絡させて頂きました。長々と書いてしまってすみません。お忙しいのではないかと思うのですが、お時間がありましたら是非会いたいです。
よろしくお願い致します。

 

 

ちなみに、彼女が何故性感マッサージに興味を持ったのかというと、登録している出会い系アプリで男性からやたらと「性感マッサージでイカせますよ」みたいなメッセージが来て、「どういうものなんだろ?」って調べてみたら私のブログに辿り着いた、と。

 

必死のアピールが私の宣伝になるとは・・・
皮肉なものですね(笑)

 

興奮しそうなこととか、してみたいことなどについて訊いてみると・・・

 

身体を拘束されることに興奮していると思います。
自分の思い通りに体を動かせない状況、ですかね…
支配されたいのだと思います。…ちょっと恥ずかしいですね 笑

 

 

拘束されることに興奮を覚えるというよりかは、彼女には被支配願望みたいなものがあるようです。
嗜好としてはSMというよりはDSという概念に近いのでしょうか。

まぁ、そういったカテゴライズにはあまり意味がありませんし、好きなものをなるべく安全に楽しめれば良いのですけどね。

 

 

不安を打ち明ける

さて、当日は彼女と待ち合わせて話ながらホテルに向かいました。

移動中もそこそこ話をしていましたが、彼女とは話す時間を少し長く取った方が良いと思い、入室後は1時間ぐらい話していました。
別に深い理由はないけど、何となくそう感じました。

 

彼女は人見知りしないタイプで、会ってすぐに彼女の方から話題を出してくれたり、私の他愛ない質問等に対しても笑顔で返してくれるほどでした。
彼女の元々の気質なのか経験によってそうなったのかは分かりませんが、見ず知らずの人とも会話を続けるのが上手なようです。

 

そんな様子なので「緊張はしていないと思う」と言っていましたが、実は数年間「そういうこと」をしていなくて、その意味ではやはり不安があるかもしれないと教えてくれました。

 

他には「胸の気持ち良さとかもよく分からない。どちらかというと手をつないだり、指を絡めている時の方が良いと感じる。」そんな話もしてくれました。

相手の手に触れて気持ちが入る・・・とても良い感覚を持っていると思います。
そういった感覚が持てるのであれば、女性さえその気になれば手をつなぐだけでも淡い快感に包まれることでしょう。

 

そこそこ長い時間話をしていましたが、お互いに何となく気持ちが落ち着いてきたように感じたので、入浴を促して準備を進めていきました。

脚の性感マッサージが我慢できない

入浴後はリラックスの誘導を経て、脚の性感マッサージを始めました。

余計な緊張や不安は少し軽減したようで、快感に意識を集中し始めているように見受けられました。

 

・・・というか普通に触れただけでもかなり気持ち良さを感じ取っているようでした。
例えば足の裏のマッサージなどは性的なニュアンスを乗せずに少し強めに押圧していますが、その刺激すらも普通のマッサージとは違うものとして受け取っていたように感じました。

 

そしてゆっくりと指先が太ももの付け根に差し掛かると・・・彼女はそのもどかしい快感に耐えることが出来ずに、お尻を突き上げて腰をくねらせて悶えてしまうのでした。

 

私の視点からでも身体をよじってモジモジしている様がよく見えて、悪戯心を刺激されました。

ちょっとだけツイッターでもお見せしているのですが・・・

とても官能的な姿なので、また機会があれば動画を編集してアップするかもしれません。

 

女性の自発性、集中力、そして男性の意図が一定以上のレベルで絡み合うと、手先や足先に触れるだけでも達してしまうほどの快感を得ることが出来るでしょう。

最も重要なのは女性の自発性、すなわち女性がどのような情報空間に存在したいと考えるのか、という事ですけどね。

 

身体が勝手に反応し続ける

一通り脚のマッサージを終える頃には、既に彼女の身体の内側では快感が湧き上がり、そして膨れ上がっているようでした。

高まった性感を繋げて、仙骨に微弱な刺激を与えると、我慢できずに軽いオーガズムに達してしまいます。

 

揺らさなくても、押さえなくても、手をピタッと肌につけるだけで、それどころか手をかざすだけでビクビクと反応してしまう。
いや、もはやそれすらしなくても気持ち良さが身体の中で渦巻いて消えない・・・。


テクニックとか関係ないでしょ?
だって触れても触れなくても、私が何を言っても言わなくても、女性自身が快感を高めたいと思っていれば、その通りになるのですから。

 

彼女の様子を見て「こんなに感じやすい女性に触れることがどんなに楽な事だろう」とか「もともと感度の良い人だろうから、自分の参考にはならない」とか、そう感じる方もいるでしょう。

けど実際には逆で、ときにしっかりと触れることも躊躇うほど、彼女自身の反応は危うくて脆いものなんじゃないかって、そんな風に感じていました。

 

感じられるかどうかだけではなく、大事なのはメンタルとフィジカルのバランスを保つこと、そしてどれだけ彼女の良い反応を彼女の自発性に結び付けることができるか、それを考えていました。

そういう意味では簡単な事なんて、何一つもないですよ。

 

お腹に触れると身体が跳ね上がる

じわじわと高められた気持ち良さが身体の芯に集中していくにつれて、動画のように彼女の身体の揺れが止まらなくなっていきました。

ただ、単純に感じてビクビクしているのが半分、感じる自分に戸惑って身体をビクつかせて逃げてしまっているのが半分、そんな感じでした。

 

いつまでもビクビクしていると大変なので、快感が膨れ上がるタイミングをカウントダウンしてサポートしました。
1つには快感の深まりを体験してもらうため、そして快感が自分の制御下にあることを何となく分かってもらうためです。

 

繰り返しますが、カウントダウンそれ自体に意味はないし、別に好きでもありません。
あんまり自分の声が動画に入るのも美しくないですからね(笑)

 

でも快感を溜めるタイミングを掴むためには一番これが簡単なので、少しだけ。
お腹もせいぜい撫でる程度で、あまり刺激は強めずに。

 

そしてそっと彼女のお腹に手を添えると、手の温もりが身体の芯へと伝わって、渦巻いていた小さな快感が膨れ上がって弾けたようでした。


ところで、女性のお腹に触れてオーガズムを感じさせるシーンを公開する度に男女関わらず「これっていわゆる『体外式ポルチオ』イキですか?」とか、「〇〇のツボを押せば快感を高められるんですよね」とか、「下腹部を押せば良いんですね」みたいな勘違いをしている方もいらっしゃるみたいです。

 

失礼ながらいつまでもそのような認識をしていると、どこかで自分自身や相手に大きな負担をかけることになると思いますよ。
気を付けてください。

 

気持ち良すぎて訳が分からない・・・

相変わらずそんなに激しくする気もなく、どちらかというとちゃんと膣内への刺激でも気持ち良くなれることを確かめるように触れていきました。

 

自然と身体を持ち上げて腰を浮かせてしまって、私の膝の上に乗っちゃってました(笑)
これけっこうよくある事で、快感で身悶える女性にめっちゃ膝を踏まれていたりします(笑)
しかもどちらかというとMの女性が私のことを足蹴にしていると思うと、少し面白いですよね。

 

中に指を入れたまま軽く下腹部を指でタッピングすると、身体の奥で快感が溜まっていくようで、何がどうなって気持ち良くなっているのか分からなくなっていたようでした。
実際に彼女は「わけわかんない・・・」と言っていました。


私は彼女がどんな風に感じていたのかは分かりませんが、きっと色々な感覚が混ざり合って持続するような状態だったのではないでしょうか。

 

何回イクとかそういう事ではなく、ただ長く快感に浸る時間があって、その中に小さい波も大きい波もたくさんあって、最後には気持ち良かったというシンプルな記憶が残る。

オーガズムに重要なのは回数ではなく、時間であり、空間であり、感情であり、それらを体感することです。

 

ですから「よく覚えてないけど気持ち良かった」「よく分からないけど夢中になって身体が動いていた」そういう感想になることが多いと思います。
いきなりこのタイプのオーガズムを経験すると、イクという事の概念があやふやになるかもしれません。

 

少し本音がこぼれる

性感マッサージやら何やらが一通り終わると、汗を流してゆっくりと話をしました。
その際に彼女は「引かれるかもしれないけど・・・」と言って体験前の雑談の時に話していたことを少し詳しく教えてくれました。

 

詳しいことは言えませんが、数年の間に彼女の身に起こったことや、それが自分にどのような影響を与えたかということを話してくれました。
簡単に要点だけかいつまんで言えば、過去の経験で男性不信気味になっていて、この体験応募を機に払拭してみたいという気持ちもあったのだそうです。

 

全てを正直に包み隠さずに伝えてしまうことで、敬遠されて体験の機会が無くなるのではないかと懸念して、口に出そうとしていなかったようです。

しかし、体験を経て、少しの変化を感じ取れた安心感から私に打ち明けてくれたみたいでした。
簡潔に見える応募メッセージの裏には彼女なりのテーマが隠されていたようです。

 

ただまぁ、そんな大事な人生のターニングポイントを私のような中イキだの性感マッサージだの言ってエッチなことしたいだけの人に委ねてはいけませんけどね(笑)

自己開示と変わる勇気

悪気はなくても女性が我慢したり、断片的な情報が矛盾していたり、本当のことを言ってくれないことはよくあります。
よく話し、よく笑い、目を合わせてくれる人ほどそうかもしれない。
それらは全て警戒心からってわけでもなく、相手なりに色々と思うところがあるのだと思います。

 

ある意味で私と応募女性の間でそれは常ですし、逆に正直に打ち明けてもらえたからといって私がその方に何かベストなものを提示できるとも限りません。
私には特別な事はできないし、出来るとすれば女性から自己開示が進むまで、ゆっくりゆっくり待つことだけです。

 

だから私は別に女性が全てを話してくれないことを必要以上に不満に思うことは無いし、引くとかは無いけど、「勿体ないな」って思うことはあるかな。
だって体験において女性が私にどれだけ自分のことを開示するかは、女性がどれだけ自己受容して変わろうとするかに直結しているのだから。
それだけです。

 

私は体験応募に小難しい条件をつけたり、こういうスタンスの人は止めておいた方が良いですよという話をしますが・・・
それは別に自分にとって簡単な課題や御しやすい人を選びたいというわけではありません。
私が選ばなくても姿や形を変えて難しい課題は訪れる、そういうものです。

 

ただ例えば良くない形で刺激に慣れ切った人が何か違った感覚を得られるかというと難しいだろうし、もしかするともっと調子を整えて体験すれば良い変化が得られたかもしれないのに、精神的に不安定な状態で受けてしまうと、何の変化も得られずに無力感しか残らないかもしれません。

 

私自身は相手が本当に納得できるならそれでも構わないとすら思っていたりします。
でもそれですぐに望む結果を得られなかったからといって諦めたり、自分が「そういうもの」なんだって勝手に思い込まないでほしい。

私が懸念していることがあるとすれば、端的に言えば「私が期せずして女性が無力感に浸る手伝いをしてしまうこと」です。

 

けど、上手く行った時は少しだけ、自分の選択に自信を持ってくれれば良いと思いますよ。ご都合主義かもしれないけど。

自分の反応も、快感も、根本的には自分自身の制御下にあると知って、自信をもって感じてくれればよいです。
その上でまた自分がどうなりたいか決めれば良い。

 

ちなみに、彼女も応募するまでに相当な時間ブログを読んでくれていたらしいです。
最終的には興味と上述の「何かのきっかけに」という気持ちが決め手になったみたいですが・・・

 

例え応募するにせよしないにせよ、ブログを読むことで他の女性がどのように悩んでいるのか、エッチをどんな風に気持ち良いと感じているのか、そんな普段の生活であまり分からないことを少し知ることが出来るのが良いと言ってくれていました。

私が下心からこのようなブログを書いているとしても、そういう読み方・捉え方をしてくれるのはこれ以上なく嬉しいことですね。

 

りおさんの感想


りおさんのインタビュー。

とっても丁寧に答えてくれています。

途中でお互い何を訊こうとしているのか、答えようとしているのか見失いましたが(笑)

 

インタビューを取り終えてからしばらくして、思い出したように彼女が「少しさっきのインタビューで訂正したいことがあって・・・」と切り出しました。
私は何か誘導尋問みたいになっちゃってたところがあったのかな?と身構えて訂正を待っていました。

 

すると彼女は「玩具とか拘束とかを体験したかったし、「してほしい!」って気持ちがあるのは事実だけど・・・満足できていないわけじゃなくて、今日のこの時間には満足しています。
あとどちらかというと今までは支配的なエッチが常だったので、もしかしたら少しそうじゃない時間に戸惑っているのかもしれません。」
そんな風に伝えてくれました。

 

彼女は少し「支配されたい」みたいな気持ちがあって、それがおかしいことなのかどうか気になってはいたみたいです。
私はそういう被支配欲みたいなものを持っている人はいるし、ことエッチなプレイにおいては敢えて相手の良いようにされることを好む人もいるとは説明しました。

ですが、彼女の場合は今回においてはプレイとしての縛りとか、拘束とか、絶え間ない玩具責めとか、そういたことへの興味だけではなく、何か今までの「支配」とは異なる彼女にとっての心地よい被支配感を求めていたのかもしれませんね。

言ってみれば自分の中に漂う閉塞感を消し去るような強い快感に支配されてみたかったのかも。

 

だからそこに全然違うふわふわした快感と価値観を持ってこられて、どう反応して良いか分からなかったのかもしれません。

でもまぁ、大いに戸惑って良いんじゃないですか?

玩具なり拘束なり痛みなり、大きな刺激はいつでも得ることが出来ます。
ですが、感覚に色を付けるのは当人の経験や記憶です。

 

もっと苛められたかった?

体験の後で彼女からメッセージを頂きました。

 

イツキさん、こんばんは

こちらこそ今日はありがとうございました。
とても楽しかったし、いい経験が出来て本当によかったです。

導入の時から、大体ずっとお風呂に入ってるような、毛布に包まれているような何かふわふわした感じでした。
気分もいいし、気持ちいいし本当幸せでした
途中から自分の体じゃないような感じはあって少しだけ怖かったんですけど、すぐ大丈夫だよって言ってもらえて落ちつきました。
イク感覚についてはふんわりした感じではいるけど、感想で話した通りに、深く浅くがあるのか、自分の状況をある程度認識出来る時と、正直よく分かんなくて覚えてないぐらいな時と一定の感覚ではないように感じました。
イった瞬間はあんまり分からなくて、ちょっと混乱しているのかタイムラグがあるのかな?って感だったので今からイクみたいな宣言は分からなかったです(゚ω゚)

裏話はかなり緊張が一気にほぐれてポロっとでちゃいました。
若干重い話でしたがもう昔話なのでさらっと流してもらえるとありがたいです(°▽°)

本当にマッサージから、凄く体が敏感になってるのは自分でもわかって、一瞬冷静になった時、やっぱり自分誘導され易いなぁって考えてたんですけど、ちゃんと自分でイツキさんに従って気持ちよくなりたいって思えたので良かったと思います。

一番感じたと思うのは正直、1番はクリだったんですけど、同じくらいお腹トントンが気持ち良くて、中とクリとお腹トントンを一緒にされた時は狂うかと思いました笑
胸とか足とか手とかであれだけ感じられたのには自分でもびっくりしてますが(*´?`*)

流されたままではなく、納得して自分の意思で決める事は何事にも大切ですよね…
すぐに全て出来るかは分かりませんが今日は第一歩になったと思います。

…途中でもしかしたらイジワルされてたのかもしれないけど、本当にいっぱいいっぱいで私が気付いて無かっただけだったのかも?ですが…
今日は優しいイツキさんだったので、もうちょっとSな所も次回は見たいです?なんて笑
私結構天邪鬼な面倒くさい奴なんで、分かりにくくてすみません。
イヤイヤ言いまくった…のは半分くらいはもっとって言うのが、ただ恥ずかしかっただけです…

本当に今回十分色々としてもらったので満足過ぎるくらいではあるんですけどね(*´?`*)
やっぱり縛られてみたりとか、玩具にも興味と探究心が捨てられないので、是非ぜひ次回お願いします!

まとめられなくて長くなってすみません。
今日はゆっくり寝られそうです。
明日、下半身筋肉痛になってそうでちょっとだけ怖いです。

 

彼女が感じた気持ち良さとしてはクリ≧下腹部への体外刺激>中への刺激だったみたいです。
実際に瞬間的な快感の大きさとしては、おそらくクリトリスが性器として一番敏感だと思います。
基本的にはね。

けど、ほんの少しタップするように左手でお腹を刺激していたのがそれほど気持ち良かったとは、実は分かりませんでした(笑)
かなり慎重に立ち回っていたので、ほとんど肌がへこまないぐらいの軽いタッチでしたからね。

通常クリトリスの快感と膣内の快感は別物として捉えることが出来ると思いますが、時間感覚が無くなるようなふわふわしたイキ方をしている時は両者が全くの別物ではなく、クリトリスが「一連の性感帯の中の敏感な部分」みたいに見える時もあります。

 

中イキの感覚とラグについて

気付くと快感の波の中にいて、それが長かったり短かったり、深かったり浅かったりすることを感じられていたようです。
逆に「今イク!」みたいな瞬間的なタイミングは捉えることが難しかったみたいです。
実際に触れてから感じてビクンと反応するまでに少しラグがあったように感じました。

 

達するタイミングが掴みにくいことには別の理由もあると思います。
体験してくださる女性にはオーガズムそのものが未経験で、いきなり私と会ってくれる人が少なくありません。
そして彼女たちは体験中に単発のオーガズムではなく、気付いていたら達していて、結果的にはその時間ずっとイクかのような経験をする事があります。

それ故にオーガズムの経験としての比較対象がないままに切れ目のないオーガズムを経験するので、不思議な感覚になってしまうのだと思います。

 

イヤよイヤよも・・・

そういえば「いやいや」は物凄くたくさん言ってましたね(笑)
もちろん「イヤ」が「いいよ」とか「もっと」って意味になる時もありますが、
未知の感覚への怖さなどが伝わってくる瞬間もあって、終始緩めの愛撫を続けていました。

 

彼女としても自分の身体が勝手に反応し続けて制御できなくなるような感覚には戸惑いを覚えていたようです。
私は彼女に快感の深度やそれを味わうタイミングをコントロールできるように誘導できればと考えてはいましたが、彼女の中でも少し整理してもらった方がよいとは考えています。

 

今回は時間的な制約と、りおさんが本当に何に惹かれているのか整理したい気持ちもあって、私の手だけでの体験となりました。

 

ですが、やはり興味があるのであれば拘束も玩具も、色々試してみると良いと思います。
その過程でちゃんと貴女が自分で安全を確保していけるようになれば、きっと被支配欲を健全に(?)満たすことが出来るのではないでしょうか。

 

快感の主導権が自分にあることを知り、そしてそれを敢えて明け渡す愉しさを意識出来れば、もっともっと深い快感に嫌と言うほど浸れるかもしれませんよ。

 

終わりに

体験してくれる女性の中には、身体的・精神的に関わらず、ともすれば良くない方向に流れてしまう要素を持っている方も少なからずいます。
私もそういったことが見えていなくて、いつも満足のいくところまで至れないことが多いです。

 

今は少し、ほんの少しだけどそういうことに目を向けられる時があって、その分、都度の小さな判断を誤らないことがどれほど重要か、相手に触れながら考えるようにもなっているかもしれません。(これを実際に書いたのは更新日のさらに1年ぐらい前・・・💦)

 

別にそれをプレッシャーに感じてはいませんが、過去の自分の至らなさがさらによく見えるようになってしまいました。
そして今も上手くできているわけではないし、課題は山積みなのですけどね(笑)

 

正直なところ、私はもう相手の女性の反応が気絶してしまうぐらい大きいとか、
手も触れずにイッてしまうとか、そういう現象的なことに満足できなくなっているのかもしれません。

それよりも、ただの気持ち良さにどういう意味を持たせられるかとか、少し違うところに注意を向けていると思います。

 

女性からすれば何を言ってるんだコイツという感じがするかもしれませんが、私は女性がそれを理解しようとすれば、もっと簡単に難題を乗り越えて快感に浸れるようになると確信しています。

 

それと、今回の体験記事は見方によっては応募女性が希望したプレイを出来ずに、しかもどこか説教臭い感じになっていると捉えられるかもしれませんが、私は相手によっては激しいプレイや少し変態っぽいプレイをするにはある程度お互いの感覚を知ってからの方が良いと考えているため、このような結果になりました。

 

そして今回できなかったことはまた別の機会に体験していただいたので、そのことだけ申し添えておきます。
(ツイッターに少しその様子をアップしているので、気になった方は見てね!)


コメント、感想、質問などなどございましたら、ブログだけではなくツイッターやnoteなんかも覗いたり絡んだりしてみてください。

それでは次回も乞うご期待!

 

 

体験してみたい、興味があるという方はコチラの記事からお願いします。

(応募の方法等をご確認の上でお願い致します)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イツーキー

女性の快感絶頂に迫るブログ「オーガズム・ラボ」管理人のサドハライツキです。 大阪を中心に中イキ開発、ソフトSM・緊縛、女性用性感マッサージを希望する女性に体験してもらう活動を数年間続けています。また、女性が快感を得るためのコツ、性交痛を始めとした性の悩みを解決するためのコラムなども随時公開しています。 女性の皆様、是非ゆっくりと当ブログをご覧ください。

貴女へのオススメ

virtuous cycle of pleasure 1

この記事では個人的に女性にオススメする一人エッチの方法を書いていこうと思います。 あくまで個人的なオススメ方法であり、かつ表面的な内容です。 今後加筆修正の余地も大いにありますので、その点も予めご了承 ...

the trap of masturbation 2

こちらの記事では主に女性が中イキを目指して自己開発を行う際のデメリット、厳密にはデメリットというよりも、女性が中イキ自己開発を試みた際に陥りやすいであろう状況について簡単に解説した記事になります。 だ ...

3

今回はワギニスムスという症状についてお話します。 その上で克服法について少しだけ紹介させていただこうと思います。   少し前の記事で精神的要因や病気を除くと痛みには主に摩擦によるもの、柔軟性 ...

4

中イキしたい、女性用性感マッサージを体験したいという希望の他に、緊縛されてみたい、拘束されて責められたいという希望も寄せられます。 緊縛は気持ち良いのか。緊縛されたり拘束されて興奮することは珍しい事な ...

5

以前に女性にオススメの中イキ自己開発法の記事を書きました。 その記事では快感を感じ取りやすくするためのヒントと一人エッチを組み合わせて紹介しました。 そしてその中で小さな快感・ゾワゾワっとした気持ち良 ...

-中イキ, 女性のオーガズム

error: Content is protected !!